カテゴリー「Minecraft」の74件の記事

2020年7月 1日 (水)

7月1日 いつの間にか1.16が来てた模様

 

 割と起動しっぱなしのマイクラなのですが、そのせいでアップデートが掛かっていなくて、1.16が来ていたのを見逃してました。

 ・・というか、既に一度更新が来てて、1.16.1だったりしました。

 ちょっとびっくりしましたね。

 

 さてその1.16ですが、ネザーが大幅に変わるとのこと。

 今のところあまり詳しく情報を見ていないのですが、なんでもネザーにバイオームが導入されて、要塞以外に遺跡が設置されるんだとか。

 あとゾンビピッグマンがゾンビピグリンと名を変え、ゾンビになる前のピグリンという生きてる豚人間も配置されるそうで。

 ネザーのみに生える木とか、ダイヤツールにコーティングすることで強化することが出来る鉱石もあるそうで・・

 

 色々と増えてて結構楽しそうですよね。

 

 1.15があまり変化のないアップデートだったので、割とすぐに新規要素を体験しきってしまい、あとは物品の備蓄に走るという感じだったので、今回は要素検証だけでも結構長い時間楽しめそうです。

 

 ・・問題は、自宅からのネザーのアクセスですけどね。

 

 現ワールドの自宅付近からネザーゲートを繋げると、広大な溶岩海のど真ん中に出るんですよ。

 しかも50~70くらいの位置に足場になる場所が無くて、92のところの12×14くらいの小さな浮遊島の上に出るんです。

 1.15でネザー要塞を見つけに行ったときは、300マスに渡って空中に足場を作り、なんとか陸地まで移動しましたが、今回も同じことをしないといけないかもしれませんね。

 しかも新要素を手早く体験・・となると、まだ読み込んでいない方で行くのが効率がいいので、前回とは反対の方向に行くのがよいでしょうから、また足場用の石が大量にいることになりますねぇ・・

 

 現状そこまで大量の石の備蓄がないので、今日のところはとりあえず丸石製造機を作成して、足場の材料確保に勤しむことにいたします。

 

 必要な量が揃うのに1時間くらいはかかると思うので、本格的な攻略は明日以降になりそうです。

 

2020年5月15日 (金)

5月15日 どうあってもフルエンチャントの防具を使いたい人向けの妥協案

 

 マイクラの防具のエンチャントですが、1.14になってから1.14.2までの間のみ、火炎・飛び道具・ダメージ・爆発の4種の耐性系のエンチャントが、全てエンチャント出来ていたことがあります。

 もちろんちゃんと効果も発揮されてて、その当時作った防具を保持しているワールドでは、無類の強さを発揮していました。

 

 それもあって、最近新規で始める時には、ついつい1.14.2で始めて、上記のフル耐性防具を作った上で、1.15.2にアップデートするという方式をとっています。

 

 しかしながらこの手段を使うと若干問題もあるようで、まず1.14と1.15自体のマップ生成ルーチンが若干違うせいで、生成されるスポナーの位置やエンドポータルの位置がずれることがあるようなんですね。

 たまたま1.14で見つけたスポナーでトラップを作っていたのに、1.15にアップデートした直後に行ってみたら、何もない部屋になっていたということがありました。

 村人の取引回数も1.14と1.15では倍近く違うので、序盤の生活基盤を築こうという段階だと、1.14のまま進めるのは結構不利だと思われるのです。

 

 それで色々と考えまして・・次回新しいワールドを作成するときは、以下のようなルールを個人的に適用してみることにしました。

 

 

 ①ワールド生成自体は1.14.2で行う

 ②リスポーンしたら、コマンドでフル耐性防具を

  全種類、4つづつ作成

 ③リスポーン地点の足元を掘ってチェストを設置し、

  そこに②の防具を入れ、埋める

 ④セーブしてタイトルに戻り、

  そのまま最新Ver.にアップデート

 ⑤③で埋めた防具はそのままにし、

  普通にプレイ開始

 ⑥ダイヤ装備に手を出す段階まで来たら、

  そのVer.で可能なフルエンチャントを敢行

 ⑦⑥の防具に加えて、つけなかった残りの

  耐性本を3種類準備

 ⑧⑦が揃ったらそれを全て溶岩に破棄して

  代わりに③のチェストから同部位の防具を取り出して装備

 

 

 というような感じのルールです。

 こうすれば必要最小限の1.14要素のまま、可能な限り最大の最新Ver. の恩恵を受けることが出来るので、どうしても幻の1.14フルエンチャント防具が忘れられない私でも、最新Ver.を楽しめるのではないかと。

 

 まぁずるいといえばそうではあるので、あくまでマイルールですけどね。

 設定的には、『溶岩に投棄すると、なぜか溶岩の女神様が出てきて、貴方が捨てたのはこの防具ですか・・』という感じの現象が起きるのだと思ってください。

 なんならドラクエ8辺りの連勤窯的なものだという解釈でもいいかも・・

 

 元々1.14でフル耐性防具が実装されたのは仕様だったそうですから、1.16以降のアップデートで復活する可能性もなくはないので、そうなる日までの代替案だと思っていただけると幸いであります。

 

 

 

 

 

 

 

2020年5月 3日 (日)

5月2日 目の前が海

 ちょっと前に『Trial』 という名前で始めていたタイガの窪地が初期リスポーンだったワールドですが、一応拠点近場の開発が終わったのでやることが無くなりました。

 4月14日に見つけた拠点から一番近い村も、既に開発は終了し、村人も50人くらいに増えている状態で、順調そのもの。

 

 この先は安定を求めるだけ・・となりますが、そうなるとやる事が村の定期メンテナンスだったり、自宅付近を凝った感じにアレンジすることだったりするわけで、実は私あまりそういうのを好みません。

 建築が嫌いなわけではないんですけど、誰もを唸らせるようなものを作るということに興味が無くて、自分が使いやすいかを追求するのが好きなんですね。

 というわけで、このワールド、消しはしませんが、開発は終了です。

 多分ここの植生・環境で面白い事でも思いついたら、また立ち上げることでしょう。

 

 

 ・・というわけで、今日からはまた別ワールドです。

 

 

 今回引いたワールドは、初期リスポーン地点が岬状になってる草原部分の突端でして、目の前は湾状になっている海でした。

 どうやら寒い海と温かい海の境目がすぐそばにあるらしく、遠くの方には珊瑚と氷山が両方とも見えます。

 氷山の手前付近は雪が降ってるものの、松が生えてるからタイガだと思うのですが、その少し先には雪原が広がっていました。

 雪原の少し南の方は川で区切られていて、川の向こうはダークオークの森。

 木の上から見ると、先には砂漠も広がってる模様です。

 

 なんかちょうど複数のバイオームの境目付近にリスポーンしたようで、かなりバラエティに富んだ植生のようです。

 

 少し遠めですが、500歩以内に村が三つもあり、発展も十分に見込めます。

 ・・が、困ったことに教会がありません。

 

 教会がないと醸造台がないので聖職者がスポーンしないから、レッドストーンやエンダーパールの入手に難がある状態となります。

 そうなるとトラップ施設を作ったり、エンド要塞を見つけるのが難しくなるので、ネザー要塞の生成場所次第では、非常に厄介なことになる可能性があり得ます。

 私普段あまりブランチマイニングをしないのですが、今回ばかりはやらないとまずいかなぁ・・と考えております。

 

 幸い海が近いおかげで、沈没船や海底遺跡が近場に3つくらいづつあるようなので、沈没船のお宝チェスト次第では、ダイヤやラピスラズリは問題ないかもしれませんね。

 多分鉄に関しては、割とすぐに必要十分な数に達するでしょう。

 

 あとは運次第でしょうかね。

 

 前回のメサ前ワールドのように、メサしかないという状態にならないように祈りたい気分です。

 

2020年4月14日 (火)

4月14日 村があったのですが

 

 マイクラの方の今やっているワールドですが、再三『拠点周辺に村がない』と嘆いておりましたが・・

 

 実は割と近くに一つあったらしいです。

 

 

 拠点にしている場所は所謂スポーンチャンクと呼ばれる初期リスポーン地点なんですが、今日ここの上空をエリトラで適当に飛んでいたら、北方向の松の森の中に煙が見えたのです。

 地図埋めを兼ねて若干北側に張り出して飛んでたので、以前拠点近くにY=250まで積んだ土の塔の上からは見えなかった遠くの風景が視界に入ったせいで見えたみたいです。

 近くまで行って地上に降りてみると、松とダークオークの群生のおかげで葉っぱに隠れて見えにくいですが、しっかり村があります。

 しかも結構大きい。

 

 ただこの村、ほぼ全て葉っぱの下に生成されているんです。

 普通に地面を歩いてきたら視界に入ったのでしょうが、上から見渡した場合、逆に見えないのです。

 

 ここを整備するとなると、相当数の松とダークオークを伐採した後、あちこち埋めないとちょっと使いにくい・・うぅちょっと面倒。

 

 この村の整地や拠点化が若干困難に思えたので、もうちょっとマシなところはないか、さらに周辺を飛び回ってみたのですが、他に見つかった村は微妙に遠いようです。

 一応同じくらいの距離で拠点から西側に一つ村があったのですが、こちらは村のど真ん中に峡谷がありました。

 使いにくさではむしろこっちの方が上ですね。

 

 ・・というわけで諦めて森を切り開き始めました。

 

 木を切っていった結果わかったのですが、この村は南側の一部が暗い森バイオームらしく、その部分にスポーンする村人は草原の村人ですが、7割方はタイガの村なので、そっち側にはタイガの村人がスポーンするようで、服装が二種類の村人になっていました。

 もしかしたらたまたま村が二個くっついて生成されたのかな?とも思いましたが、建物はタイガの村仕様だったので、単に生まれた場所の違いでこうなってしまっているようです。

 

 鐘を置く位置を上手く調整してやれば、好きな服装の村人をスポーンさせることが出来そうですね。

 ・・まぁ面倒なので多分やらないでしょうが。

 

 そんな益体もつかないことを考えつつ、木を切ること約1時間。

 

 ようやく村に日が当たるようになりましたので、次はそれなりに囲って、明るくして・・

 

 というところで、本日は終了となりました。

 流石に延々と木を伐り続けるのは、ちょっと精神に負担が・・

 

 続きは明日以降にして、今日はもう休もうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

2020年4月 6日 (月)

4月6日 良い成果でした

 

 エンド探索初日、エンダーパールをポータルに放り込んでみたら、いきなり死にました。

 どうやらすごく小さな足場に着地→ちょっと動いたせいで奈落に落ちた、ということだったようです。

 

 バックアップから復活させつつ、『幸先悪いなぁ』と呟く私。

 なんとなく嫌な予感がします。

 

 

 ・・というような開始1分だったんですが、その後は割と順調で、最初に見つけたエンドシティが大き目だったこともあって、無事4つのシュルカーボックスとダイヤ防具一式を手に入れることが出来ました。

 シュルカーボックスが若干少ないですが、これは弓で応戦してしまったせいで、殻が拾えなかったせいです。

 特に塔内の縦通路の中のシュルカーは殆ど弓で始末したせいで、殻を全く落としてくれなかったんですよね。

 

 ・・ちなみに今ふと思い出したのですが、左手にドロップ増加の剣を持っていれば右手の弓に反映されるはずでした。

 やっとけばよかった・・

 

 そんな後悔もありつつ、エリトラ目指して次のエンドシティ探しへ。

 幸い次のエンドシティはここから見えていたので、すぐに着くと思っていたのですが思いのほか遠く、結局到達するまで10分くらい歩く羽目に。

 なんかエンドって遮蔽物が少ないせいか、遠近感狂うんですよねぇ・・

 物体が少ないからと視界を64チャンクにしているのも悪いのかもしれませんが。

 

 で、次のエンドシティも割りとあっさり攻略。

 今度はしっかり左手に剣を持っていたので、新規のシュルカーボックスはなんと7つ。

 ものすごくうれしいですな。

 

 ・・というような割と良い調子でこの後3時間くらいエンド探索をした結果、エリトラ2枚とシュルカーボックス21個を手に入れることに成功。

 防具もダイヤ装備一式が3セット分集まりました。

 流石に疲れましたが、良い成果が出てよかったです。

 

 

 さて今回の長時間遠征で必要な物品は集めきりましたので、エンド遠征は一応これで終わりです。

 

 今度来ることがあるとすれば、エリトラをロストしたときですかね。

 

 そんなことにはならないと思いますけど、偶に危ない状況はあるからなぁ・・

 気を付けようと思います。

 

 

 

 

2020年4月 2日 (木)

4月2日 挑んでみたら割とあっさりと。。。

 

 前回結構悩んでいたエンダードラゴン戦ですが、

10027

 やってみたら、時間はかかったものの、案外あっさり倒せました。

 

 入れていたリソースパックが悪かったのか、ドラゴンブレスが見えなくて困りましたが、戦闘そのものは特に問題なく終わりました。

 

 時間がかかった理由は、ブレスが見えなくて大き目に避けるせいもあって、エンダードラゴンがポータルに止まっているときに叩きにいけないもんですから、降りてくる直前を弓で攻撃してダメージを入れていたせいです。

 攻撃回数が少ないから時間が掛かったというわけです。

 

 途中から徹底的に正面に行かず、そして近づかないようにしていたせいで、体当たりを食らうこともなく、なんか本当に地味に時間だけがかかる安全な戦いだったので、自分の中でも盛り上がりが全くない作業のような戦闘でございました。

 まぁ極論すればゲームにおける戦闘は、全て作業の一環ではありますから、これはこれでいいのかなとも思いますが、やはり一応BOSSなのだから少しは盛り上がりを・・と思いつつ、その話を妻にしたら、

 

 妻 『文句いう割には楽しそうにやってたけどね?』

 

 と言われましたので、まぁ良かったんだろうなぁと思います。

 

 

 さてこれでエンドの探索ができるようになったので、次からはエリトラ目指してエンドをフラフラする旅が始まるわけですが、シュルカーが案外攻撃力高いので、鉄防具だときついかもなぁと思っています。

 一応対策に盾を数枚と食料を3スタックほど持っていく予定ですが、途中でやられることもあり得そうです。

 エンドシティ内のチェストにダイヤ防具があるので、上手くそれを手に入れて装備していきたいところですが、流石にそれを期待するのも何なので、細かくバックアップを取りつつ、慎重に行動するようにすることにします。

 

 どうにも無理・・となったら、また拠点地下を探索して、ダイヤ防具を揃えることにしますが、そんなことにならないといいなぁ思います。

 

 

 

2020年3月29日 (日)

3月28日 自宅下にトラップ施設を作る利点と欠点

 

 前回の探索の後、一応地上を適当に見て回ってみたんですが、少なくとも近場に村は無いらしいです。

 

 北は延々とタイガの森らしいし、南は直ぐに海です。

 西は白樺の森で、東はタイガ丘陵。

 人里なんか全くもって見えやしません。

 

 こうなると村人取引で必要アイテムを揃えるやり方は出来ませんから、昔のマイクラよろしく、資材は全て洞窟からということになります。

 

 幸い、拠点から最も近い洞窟は前回探索した通り、鉱石類は非常に豊富なようでして、少し潜るだけでレッドストーンもダイヤもラピスラズリもすぐに必要数貯まりました。

 どのくらい豊富だったかといえば、最初のダイヤを発見してから30歩以内に6つの塊が3回も発見される有様でしたからね。

 さらに洞窟から繋がっていた廃坑のチェストトロッコにもダイヤが7つ入っていましたので、一応ツール類は問題なく揃えることが出来ました。

 ただ流石に防具類は揃えきれず、鉄防具のままです。

 それでもほぼフルエンチャントにはできているので、実使用にはほぼ問題ありません。

 

 ちなみに今回、村が見つからなかったせいで修繕が手に入れにくく、仕方がないから自動釣り機を作って賄おうとしたところ、なんか思ったよりも修繕本が釣れてしまうようで、トータル13時間くらいの放置で、ダイヤツルハシ2本・ダイヤ斧1本・ダイヤスコップ1本・ダイヤ剣1本に修繕をつけることが出来ています。

 防具類までは回らなかったのですが、鉄防具に修繕をつけるのもちょっと勿体ない気もしますから、これはこれでよいかなと思います。

 

 加えて、どうやら初期リスポーン地点はスライムチャンクでもあったらしく、私がいつもやるみたいに拠点直下40マスくらい下にトラップ施設を作ってみたら、集まっていたアイテムにスライムボールも含まれていました。

 

 あ、ちなみにですね、この手のスポナーを使わないトラップ施設は普通上空に作るのが普通ですが、地下に作ると上空に作るのと違った利点があったりします。

 内部の沸き層の高さをあえて3マスにしておくと、エンダーマンも沸くので、少量ではありますがエンダーパールも集まるのです。

 今回のように、村が見つからず、聖職者との取引でエンダーパールを確保できない場合には非常に有用です。

 

 問題はトラップ施設周辺に暗い空洞があると沸きが甘くなる点ですが、大抵の人は拠点近くの洞窟はしっかり探索して明るくすると思うので、最終的には全く問題が無くなるじゃないでしょうか?

 拠点付近の地上部分とかも大抵は整地して明るくするでしょうから、最初にトラップ施設を地下に建造しておいて、その後自宅周辺を探索・・とかすると効率がいいのかもしれませんね。

 

 

 集まっていたエンダーパールのおかげで、既にエンド要塞も発見済みですし、あとはエンダードラゴンに挑むだけとなっている現在ですが、さすがに鉄防具だときついかなぁと思っていて、どうしたものかと考え中。

 

 頭に関しては、エンダーマン対策セくり抜いたカボチャ被っていく予定なので、特に必要性を感じていませんが、靴に関しては落下耐性を付けたものにしておきたいので、靴はなんとかダイヤにしておきたいです。

 まあエンダーマンさえなんとかなれば、エンダードラゴンは弓でなんとかできなくもないから、いっそ接近しない形を保てさえすれば鉄防具のままでも十分勝てそうな気はしますけどね。

 一回バックアップとって試してみようかな?

 

 上手くいったらご喝采という感じで。

 

 

 

 

 

2020年3月20日 (金)

3月20日 今回はツイてるかも?

 

 前回のワールド生成直後の画像が↓なんですが、

 10024

 ちょっと見えにくいですけど、この画像の赤丸の部分に洞窟があるのです。

 

 この洞窟、入り口から3マスくらい進んだところに鉄鉱石3つが露出してましてね。

 これですぐにハサミが作れるぞ、と思った私は早速入っていった次第です。

 

 鉄鉱石を採取し終わって回りを見渡すと、今度は石炭が見えるじゃないですか。

 幸い作業台や拠点になる山小屋を作る過程で、木材はいっぱいありますから、これを棒にして石炭と合わせて松明にして、ちょっと進んでいってみましょう。

 

 ・・という感じで、松明が無くなるたびに石炭+棒で作りながら進んでいったのですが、なんかこの洞窟、妙に深いです。

 横方向にはそんなに広がっていないんですが、縦方向にいくらでも進める感じです。

 ピラミッドの地下のお宝穴あるじゃないですか?

 あんな感じの構造です。

 

 そうこうしているうちに、溶岩層まで到着。

 

 『えらく深いところまで来たなぁ・・』

 

 と思いつつ辺りを見渡すと、もうちょっと横に進めそうな感じ。

 幸い溶岩層は非常に明るいのでモンスターは出ませんから、もう少し進んでみても危険はないはず・・

 

 と思いつつさらに進むと、横が120マスくらいのかなり広い溶岩川になってました。

 さらに支道っていうのかな?、いくつかの洞窟に繋がっているようでして、全体を通してみると相当広そうな地下空間が広がっていそうです。

 

 ちなみにここに至るまでで、溶岩池の畔(でいいのだろうか・・)にいくつかの露出したダイヤを発見していますが、実はまだ石ピッケルなので採取出来ていなかったり。

 

 まずは地上に戻って鉄を製錬して鉄ピッケル作らないと。

 

 興奮冷めやらぬ中、家路に急いだ私ですが、降りてきた竪穴を戻る最中に、降りるときには気づかなかった支道の方を見てみると、そちらにはオークの木材とオークのフェンスが見えるじゃないですか。

 『あ、あれ炭鉱だ』

 

 

 

 ・・というような感じで、非常に大当たりな洞窟が拠点すぐ横にあることが判明。

 

 

 しかしながらまだ石ピッケル・・採取は無理ですな。

 

 幸いここに至るまでに鉄鉱石と石炭は相当数採取出来ているので、死なずに帰れれば何とかなりますので、ここからが勝負です。

 

 ・・まぁ竪穴を戻るだけなので、特に盛り上がりとかはないんですけどね(ぉぃ

 

 

 地上に戻って改めて持ち物を見ると、

 

 鉄鉱石164個

 石炭156個

 

 となってました。

 

 とりあえず鋏を作るとして、あとはバケツ2個と防具一式と鉄ピッケルか。

 斧と剣は石でいいんで、ベッド作ってから鉄ピッケル持って、溶岩層に戻ってダイヤとってこよう。

 

 非常に幸先良いスタートとなりました今回のワールド。

 あとは村が近場で見つかればいいんですけどねぇ・・

 

 今回で件で運が尽きていないことを祈ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月16日 (月)

3月16日 そこはタイガの盆地であった

 

 今日になって突然新規ワールドを始めました。

 

 これまでやっていたワールドは1.16アップデートまで目立ってやることがなくなってしまったからです。

 素材でもため込もうか?と思ったりもしましたが、マイクラ内の私は割とミニマリストなので、拠点内が素材で溢れかえるような光景はなんか違うな?と思ってしまい・・しかしそれでもマイクラやりたいという欲求から、新規で別ワールドをやろうということになったのです。

 

 今回やるワールドの名前は ”trial” 。

 まぁ ”お試し” という感じですね。

 

 早速作成して入ってみたところ

 

 10022

 こんな感じのところに出ました。

 

 右側にちょっと高めの山があったので、上から見てみようと思って登ってみたところ

 10023

 こんな感じでした。

 

 中央部の矢印の左側の点のl場所が初期リスポーン地点です。

 

 

 どうやら今回は、タイガと高山の間の水溜まりの横に出たようです。

 ちょっとした隠れ里のような立地ですね。

 

 周辺を軽く探索してみたところ、正面の山の中に廃坑があったり、南に120歩くらいのところから先は海だったりしましたので、物資関係には恵まれていそうな感じです。

 ただ周辺に人里はないようで・・視界を64チャンクにして高さ200くらいの位置から見まわしてみましたが、自然しかない有様でした。

 

 こうなると序盤に石やニンジンでエメラルドを稼いで、ダイヤツールを村人から買うということが出来ないので、ちょっと困ったことになるかもしれません。

 一応それなりに探してみるつもりですが、最悪の場合はゾンビ村人を確保して、村人に戻す方向も考慮に入れないといけないでしょうかねぇ・・

 正直相当な手間なのであまりやりたくはないです。

 なんとか村を見つけたいところですな。

 いざそうせざるを得なくなったら頑張るか・・

 

 さてそれじゃ・・まずは木を切るか。

 うろうろしてただけで、まだ何も作ってないし(ぉぃ

 

 実はもう夕暮れなので、正直ちょっと焦ってたたり。

 さぁ急ごう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月 4日 (水)

3月4日 ほぼ完成?

 

 うちの拠点をちょっと高いところから見るとこんな感じ

 

 10017

 中に入ると

 10018

 こんな感じでですね、中央にある塔のようなものは、襲撃者を撃退するために建てた物見櫓で、実は右下の階段を降りたところが本命の拠点でございます。

 

 中身は上下二階層で出来てまして、一層目は倉庫兼窯場となっています。

 アイテム・ツールの作成は主にここでやってます。

 

 10019

 右奥に見えているのはネザーゲート。

 

 ここを潜ってネザーに入ると・・

 

 10020

 

 前回書いてたネザーを利用した移動路へ出ます。

 正面に見える三個の豆腐建築は、それぞれ近場の村やゾンビスポナートラップの待機所、司書だけを40人くらい集めた図書館施設へのネザーゲートが設置してあります。

 この三つは割と近場なので線路を引いていませんが、海底神殿やエンド方面は結構遠いところにあるので。

10021

 こんな感じで線路を引いておきました。

 

 地上を行くと20分近くかかるエンド要塞ですが、この線路を使うと2分ちょいで着くので非常に楽ですね。

 ・・まぁ線路を引く手間は非常に大変でしたけども。

 

 

 ここまでの作業で、現状使用している施設や名所等に関してはネザー通路が完成しました。

 後はこの先に利用するかもしれない場所に同じように引くかどうかを検討中です。

 

 あまり開発しすぎると、1.16アップデートの時に困るかもしれませんからね。

 

 ここ最近割と大規模工事が続いていたので、しばらくはのんびりしようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック