カテゴリー「パソコン・インターネット」の443件の記事

2020年6月29日 (月)

6月28日 メインPCが頻繁に落ちるようになったので原因を探ってみた話

 

 うちの今のメインPCは Core i7 9900K に 32GBメモリ で GeForce GTX 2060 とかなんですが、こんなPCでもマイクラを立ち上げつつ、BuleStacks でandroidのゲームをやりつつ、ROを起動して、ついでにブラウザでHD動画を見ると、負荷がかかり過ぎて落ちるみたいです。

 しかし、少し前まではこの状況でも普通に動いていたんですよね。

 ・・となると、最近アップデートがあったマイクラが怪しい。

 

 と思ってた時期がありましたが、実はそうではなかったようで。

 

 こういう原因不明のトラブルの時は、状況再現を行いつつどのタイミングで落ちてるかを確認するのがセオリーなので、しばらく観察をしていたんですが、どうやら動画の中で動きが多い部分に差し掛かると落ちてるような感じがします。

 

 そういえば以前にも Chrome をメインで使っていた頃に、ハードウェアアクセラレーションをONにしていたら、突然落ちる現象が発生していたことがありました。

 もしかして?と思って設定を見直したら、以前切ったはずのハードウェアアクセラレーションの設定が、OFFではなくONになっていました。

 どうやらどこかのアップデートの段階でリセットが掛かって、元に戻っていたようです。

 

 OFFに戻してみたら、今のところは調子良いです。

 もう少し様子をみないといけないとは思いますが、ほぼこれが原因で決まりだと思います。

 

 使えたところであまり成果の見えない機能ではありますので、切ったままにしておくのは問題ないんですが、なんか割とハイスペックなPCで設定をONに出来ない項目があると負けた気にはなります。

 いずれ解消できる日が来るのでしょうか?

 

 まぁゲームしつつ動画みるなって話なのかもしれませんね。

 ほどほどにします。

 

 

 

2020年6月20日 (土)

6月19日 本当に午前中に届いた

 

 昨日の夜頼んだ液晶モニター・TUF Gaming VG27AQが今日の午前11時に届きました。

 注文自体は19時頃だったんですが、在庫が潤沢なのか、非常に早い配達でございました。

 

 まだ出勤時間まで4時間くらいあるので、このまま設置作業に入っちゃいましょう。

 

 

 ・・というわけで15分ほどで設置完了。

 

 

 少し前にケーブル類を現行最新のものに取り換えた直後でもあり、買い替えが要らない環境だったのが設置の速さに一役買っています。

 まぁたまたま経年劣化で切れたところを取り換えただけだったんですけど、こうなってみるとそういう運命だったようにも思えますね。

 

 早速PCの電源を入れてみると、特にトラブルもなく普通に認識して、普通に画面が表示されました。

 案外初期トラブルってのは多いので、何もなくてよかったですよ。 

 

 さて少々使ってみた感想なのですが、色味的に前に使っていたDELLの2711Uよりも青めな感じを受けます。 

 ですが、あちらはむしろやや赤い印象があったので、こちらの方が普通なのかもしれません。

 なんにせよすっきりしていて見やすい画質なので、個人的にはOKです。

 

 あと思ったよりも明るい感じを受けますね。

 初期設定では輝度は50%になっていましたが、もう少し低めに設定してもいいかもしれないです。

 ただ慣れとかもあるので、しばらくこのまま使ってみて、目に負担がかかると思ったら下げることにします。

 

 気になった点は以上で、全体的にはキリっとした画質で、文字の滲みもありませんでしたから、良い買い物だったと思います。

 しっかりした評価はしばらく使わないとわからないでしょうから、批評については今日はこの辺で。

 

 

 あ、ちなみにですけど、故障した”はず” だったDELLの2711Uは、今朝なんとなく電源を入れてみたら、普通に使えてました。

 ただ画面のどこにも触れていないのにOSD画面が出てきたり、突然勝手に画質設定が変更されるなどの症状は出ているので、おそらく制御系に問題が発生しているのだと思われます。

 この手の症状の場合、制御回路に何らかの不具合が出て電流が流れない場所があったり、コンデンサが寿命を迎えたせいで電圧が上がり切っていなかったりする場合が多いので、テスター片手にしっかり調べれば、割にあっさり解決することが多いです。

 今月末にまた連休があるので、その時に分解して調べてみることにします。

 

 上手くいけば2711Uも直るわけですから、2560×1440が2面のデュアル環境も構築できるわけで・・なんかちょっとおいしい気がしますね。

 楽しそうなので是非とも実現したいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年6月18日 (木)

6月18日 メインモニターが故障しました

 

 昨日は久々に仕事でした。

 帰宅後少し疲れてたのでとりあえず寝て、18時ごろにPCの電源を入れたのですが、一向に起動する気配がありません。

 ・・あ、いや、サブモニターの画面は出ているから起動自体はしてますね。

 これメインモニターが点かなくなってるんだ・・

 

 とりあえずPCの設定をいじってサブモニターをメイン化したので、それなりにはなんとかなりましたが、2560×1440と1600×1200のデュアル環境だったので、それが1600×1200だけの環境になると、画面が非常に狭く感じます。

 早急にメインモニターの買い替えを検討しなければなりません。

 

 まぁ実を言えば、このメインモニターはしばらく前から不調ではありました。

 非常に短時間で発生が稀ではありましたが、画面が映らなくなることはあったのです。

 それで『そろそろ買い替えかなぁ・・』と思いつつ、候補を探っていた状況ではありました。

 

 まだ踏ん切りがついてはいなかったのですが、はっきり壊れたとなると、早急に決断しないといけませんね。

 

 ・・というわけで、Amazonの欲しいものリストに入れていた、ASUSの TUF Gaming VG27AQ というモニターをぽちり。

 お値段 51365円也。

 

 うん、実はもう選んではあったんです。

 それなりに大きな買い物なので、妻に相談入れてから・・と機会をうかがっていただけで、買う物は決まっていたというオチです。

 

 ちなみに事後承諾で妻に話したら、『いや自分で払うなら気にしないよ?さっさと買えばよかったのに(笑)』というお言葉が返ってまいりました。

 それなりに葛藤はあったのでホッとはしたものの、若干釈然としないものもなきにしもあらず。

 

 何はともあれ・・

 実はリフレッシュレートが75Hzを超えるようなモニターを使うのは初めてなので、凄く楽しみなんですよ。

 一体どれだけ凄いんでしょうね。

 

 なんでも明日の午前には届くらしいので、今日はとりあえず1600×1200モニターで我慢することにいたしましょう。

 

 いやぁ、明日が楽しみだなぁ。

 

 

 

 

2020年4月28日 (火)

4月28日 知り合いのPCを修理していたら

 

 うっかりやり過ぎた・・

 

 

 4月24日に職場の知り合いの方から自宅PCの修理依頼を受けたので、3日かけてどこが故障しているかを調べていたのですが、どうやらHDDが全く回らない上に、電源が部分的に死んでいることがわかりました。

 HDDの方は分解してアクセスアームの取り換えとか、たまたま持っていた同型番のHDDの制御基板を移植してみたりもしたのですが、データの復活は出来ませんでした。

 このPCが起動していた最後の日に、写真データをUSBメモリに移動させようとしていたらしいのですが、その時にフリーズしてそれっきり立ち上がらなくなったということでしたので、その際に移動されかかったたデータの整合性が破壊されてしまったのでしょう。

 部分的に取り出したデータの復元をかけてみたのですが、なんかよくわからない何かが出来上がってしまい・・なんか深淵を覗くってのはこういうことかと、わけのわからない感慨に浸ってしまいました。

 

 ・・で、とりあえず修復作業を開始したのですが、これまでの検査で明確に壊れていたHDDと電源を取り換えたにも関わらず、起動時に画面が出ずに、CPUファンが最大速度で回転し続けるという怪現象が起こりました。

 ・・まぁわかる方にはわかりますね。

 こういう現象が起こるときはマザーに問題があるのです。

 

 というわけで、これまたなぜかもっていた同じメーカー製のほぼ同性能のマザーに差し替えてテストをしてみたら、特に問題なくあっさり起動。

 

 これで修理の目途も立ったし、うちの余剰パーツも放出できるなぁ・・と思いつつ、新しく装着したSSDにWindows10Homeをインストールしていた時に、ちょっとした悪戯心が起動。

 

 『どうせマザー代えてSSDにしてOS再インストールするなら、作り直すのとほぼ一緒じゃん? なら、いっそ・・』

 

 と急遽、去年までメインPCとして使用していた Core i7 3770K で 32GBメモリ の GeForce GTX 760 なんぞを組み込んでみることに。

 

 組み上げ作業は慣れたもので、40分くらいで終了。

 

 ちょっと前に中華タブレットにWindows10を入れようとして作った、インストール用のUSBメモリも引っ張り出してきて、入れ込んでみました。

 

 元のシステムが、Core 2 Duo E8400 で 4GBメモリ の GeForce 210 とかだったので、相当なパワーアップとなってしまいました。

 ちなみにこの持ち主さん、そんなにPCには詳しくない人なので、スペックについてはあえて語らずに返そうと思っています。

 

 どこの段階でバレるかが楽しみですねぇ(ニヤニヤ

 

 バレなきゃバレないでしれっと黙ってることにします。

 

 

 さてこれでようやく前メインPCが自宅から第二の家に旅立っていったので、心置き無く次が作れます

 

 しばらくサブ機として使ってたんですけど、やはりメイン機並みの電力消費はちょっと問題ありましたからね。

 今は ENVYx360 13 もありますから、サブ機候補には困ってないですしね?

 

 ENVYx360 13 で知った Ryzen の高性能っぷりも好ましいし、久々にAMD系で一台・・ってのも悪くはないです。

 考えると楽しくなってきますよね。

 

 昨今の情勢のおかげで、お店まで実機や実パーツを見に行くのは憚られますから、通販サイト見ながら、妄想を掻き立てようと思います。

 

 

 

 

2020年1月25日 (土)

1月25日 ようやく

 

 メモリの誤動作が続いていた ENVYx360 13 ですが、年始からの連続勤務がようやく終わりを告げた1月24日、やっとhpへの修理依頼を出すことができました。

 そしたらちょっと面白いことになったので、その内容をば。

 

 修理依頼のメールを公式から送ったのが24日の13時頃なんですが、25日の14時頃になってhpの修理依頼担当窓口担当と名乗る方から、詳細確認の電話が来ました。

 修理依頼メールを出すときの備考欄に”おそらくメモリがシングル動作になっていて、認識している16GBのうち、半分しか使用されていない。調整をお願いしたい” と書き添えておいたんですが、この内容に引っ掛かりを覚えての確認電話だったようです。

 電話口の担当の方の説明だと、この機種の発売後から時折同様の修理依頼が来ていたのだそうで、今日に至るまでの段階で Ryzen 固有の問題であることは既知であったようです。

 これまでのいくつかの例に関しては、BIOSアップデートで治るものが多数で、それ以外だとWindowsアップデートの際にいつの間にか治っていたというものもあったそうですが、最終的にどうにもならずマザーボードを取り換えたものもあったそうです。

 それでもしかしたら私の持っているENVYx360 13もBIOSアップデートで治るかもしれないので、そのご案内を・・という趣旨が今回の電話のようです。

 ・・”ようです” という曖昧な表現はなぜかといえば、担当者さんの日本語が微妙におかしいから。

 多分この方、窓口業務のために日本語を学んだ中国の方です。

 

 実際はこんな会話だったり。

 

 担当 『メールいただいた。Hisaki さんか?』

 Hisaki  『ええ、そうです。修理の方受けてもらえるんでしょうか?』

 担当 『ダイジョブ。でも今は違う案内をしたいです。』

 Hisaki 『あら、どんな話です?』

 担当 『お客様の購入されたPCですが、ドウヨ問題がいくつか報告上がってます。BIOS書き換えると治ることあります。やってみてもらえてますか?』

 Hisaki 『はい、実は既にそちらの公式から落とせる最新版に入れ替えをしましたが、治らないんです。』

 担当 『ふ~む・・ではまだ乗っていない最新版で試してもらえますか』

 Hisaki 『どうやって?』

 担当 『今から貴方のPCに近いうちにupdateに乗せる予定のファイルを送ります。それ落として入れてみてください。』

 Hisaki 『了解です。』

 担当 『作業は多分30分くらいかかると思うのですけど、どうします?30分後に電話いたしましょうか?』

 Hisaki 『はい、じゃあ落としてインストールして試しますので、30分後くらいに連絡もらえますか?』

 担当 『じゃ、また電話しますね』

 

 ・・という感じで(実際はもうちょっと片言でした)、修正パッチ入りの最新版BIOSを送ってくれることに。

 

 ・・ただその送ってきたメール、私はてっきりhpのなにがしかのメールアドレスから送られてくると思っていたんですが、なんか明らかに個人のメールアドレスから送られてきたんですよね。

 おかげで最初見つけられなかったリして、インストールまでに若干手間取りました。

 

 しかしながら、インストールに関しては、元々のこのPCの高性能もあって、予定よりも大分早い16分ほどで全行程終了。

 ドキドキしながら再起動して確認したところ、13.9GB利用可能の文字。

 

 

 ・・その後きっちり30分経ったところで先ほどの担当者さんから確認電話があり、『上手くいきました。これで安心できた。』と答えたら、『ヨカタですぅ。これで修理依頼は取り消しでいいですね。』と返答があって、電話終了。

 

 購入後からずっと懸案だったメモリ回りの調整が、今日やっと完了した次第です。

 

 これで安心して使い続けられます。

 購入後からこれまでも、それなりに使い込んではいますけど、やはり毎起動ごとにメモリを見て悲しくなってましたからね。

 晴れ晴れとした気分です。

 

 

 ・・まぁこの機種、販売開始から半年くらい経ってるはずなんで、もうちょっと早く対応出してて欲しかったとか恨み言もありますけど、今回電話くれた担当さんの喋りと訛りがちょっと面白かったから、聞ける機会をくれたということで相殺ということにしときます。

 人によっては微妙に感じるんでしょうけどね、私は面白かったんでOKです(何

 

 

 さてそれでは、これまでメモリ量のせいでインストールしにくかったアプリを入れてみようと思いますので、その辺の作業に入ることにしますです。

 ではまた。

 

 

 

 

2020年1月 7日 (火)

1月7日 まだ改善してません

 

 以前としてENVYx360 13の実装メモリが5.92GBしか使えないHisakiです。

 やっぱりこれ初期不良なのかなぁ・・

 

 

 気づいてからというもの、OS上でできる対策は全て行ってみたものの改善されず、物理的に抜き差ししようにも、この機種基盤に直接実装だから無理という・・

 

 症状を詰めていってみると、多分メモリ設定がデュアルチャンネルなのに、メモリタイミングが合ってなくてシングルでしか動いてないせいなんじゃないかと思うのですが、これノートPCだからその辺の設定できませんしねぇ・・

 一縷の望みをかけて、AMDの公式からRyzen専用のオーバークロックツールをDLして、メモリ周波数を下げるのを試してみようと思ったのですが、ツールの方が3700Uに未対応だったので試すことができませんでした。

 こうなるともうメーカーさんに仕様なのか不具合なのかを判断してもらうしかないので、HPの公式から問い合わせをかけてみようとしたら、LINEとTwitterしか手段がなくて、そのどちらもが夜勤メインの私には難しい時間帯の対応だったりして、じっくり腰を据えての対応が難しい現在です。

 なんか八方ふさがりな感じになってきました。

 

 今月中旬を過ぎれば割と勤務がスカスカになるので、昼間にも時間が取れるはずですから、そこまでの辛抱ですかねぇ・・

 あと2週間くらいはこのまま頑張るしかなさそうです。

 

  

 

 

 

2020年1月 3日 (金)

1月4日 謎仕様??

 先日購入したENVYx360 13ですが、謎仕様があって困っています。

 

 どういうわけか、実装メモリのうち10GBくらいが利用できないのですね。

 

 

 タスクマネージャーで確認する限り、一応16GB 分全部を認識しているようではあるんですが、そのうち10GBがシステム上の予約という感じで利用できないメモリとして設定されているのです。

 

 構成設定で上限が指定されているのかな?と思って、ある程度設定を弄ってはみたものの改善の気配はなく、メモリチェックソフトを走らせてみたら、なぜか5.94GBまでしか検査してくれないという・・

 

 内蔵グラフィックが予約指定しているのかな?と思って、そちらの設定も確認しましたが、Vega10が予約しているのはせいぜいが2GBくらいだったので、8GBくらいが理由のわからない予約設定となっているみたいです。

 となるとプリインストールされているHP独自のソフトに問題があるのだろうか?と全て削除してみたりもしたんですが、状況は変わらず・・

 というわけでちょっと煮詰まってます。

 

 いっそ初期不良ということで送り返してやろうかな?

 このまま解決しなければそれも考慮に入れて動こうと思います。

 

2019年12月19日 (木)

12月19日 今日の午前は Envy X360  13 の設定をやっていました

 

 

 昨日は結局帰宅後に寝込んでしまったので、Envy X360  13 の設定をほとんどやれませんでした。

 早々と寝たせいで今日はえらく早く眼が覚めてしまったので、この時間を利用して続きをやっていくことにいたしましょう。

 

 一応昨日の帰宅段階で、 Bluetooth マウス のペアリング・LAN複数の設定・タッチパッド設定・Fnキー設定・Windows10のスリープ復帰時のPASS入力設定なんかは好みの形にしましたが、”Windows10を体感的に高速化する”系統の設定がほぼ出来ていませんので、未だに若干もっさりしているような気がします。

 

 今日はこの辺の設定を行うといたしましょう。

 

 まずウインドウを開く時のアニメーション設定からですね。

 エクスプローラー→PC→右クリックで一番したのプロパティへと進んで、システムの詳細設定からパフォーマンスの設定へ。

 まずは”パフォーマンスを優先する” にチェックを入れて全部のチェックを外したあと、”デスクトップのアイコン名に影をつける” だけにチェックを入れてOK。

 これでウインドウを開くときにアニメーションが全てカットされるようになります。

 なお”デスクトップのアイコン名に影をつける” だけONにする理由は、こうしないと壁紙を設定したときに、アイコン名部分だけ写真が表示されずに微妙に感じになるからですが、体感的な速度には一切影響がない項目で、割とどうでもよかったりはしますので、好みの問題になりますかね。

 

 この後レジストリ設定を弄りに行くのですが、昨今はあえてレジストリを直接弄らなくても、ある程度任意で内容変更ができるアプリが結構ありますので、そちらを利用していきます。

 Comfortable PC とか tuneapp 辺りが個人的にはお勧め。

 この二つで大抵の高速化設定はカバーできます。

 

 あとやっておくことは・・ああ、ROとマイクラ入れとかなきゃ。

 

 そこまでやったら今日の作業は終了ですね。

 あとは残り時間でマイクラ内の作業の続きでもしつつ、休みを謳歌しようと思います。

 

 

 

2019年12月18日 (水)

12月18日 初期設定そっちのけで

 

 昨日届いた Envy X360 13 ですが、結局職場での休憩中にはほぼ使用しませんでした。

 この日記を書くのに使用したくらいです。

 キーボードは若干配列に癖があるタイプなので、割とミスタイプが多いですが、それでも慣れればなんとかーなるかなーという程度ですね。

 

 

 

 ちなみになんでほぼ使ってないかといえば、それはスマホでやってるロマサガReユニバースのレイドイベントが佳境に入っていて、そっちに気を取られていたせいです。

 

 結局は削り切れずに、BOSSだけ残っているんですけどね。

 

 夜中から明け方で人が少なかったことも関係しているんでしょうけど、3時間くらい延々戦い続けても12%くらいしか稼げなかったです。

 

 口惜しいことに、この後昼勤帯の方々の手伝いを2時間くらいしないといけないので、続きはその後となります。

 多分ちょうど12時頃に仕事から解放されるので、その時にどの程度進んでいるかが楽しみですね。

 

 期待しつつ、助っ人しに行ってきます。

 

 

2019年12月17日 (火)

12月17日 Envy x360 13 が届きましたよ

 

 注文していた Envy x360 13 が届きました。

 

 

 今回は楽天のHPダイレクトショップで購入しました。

 

 ちょうどスーパーセールが重なっていたこともあり、通常よりも大分お安い99000円での購入。

 本来であれば Ryzen5 に格下げしないと無理な金額で、Ryzen7搭載の最上位機が手に入るという、なんともお得な感じでした。

 

 開封後セットアップを開始。

 

 さすがにメーカー品だけあって、セットアップ楽ですね。

 

 

 電源入れたら最初からWindows10の設定から始まるという。

 普段自作PCに慣れているせいか、手順が大分飛んでいる気がして若干面食らっています(笑)

 

 そんなこともあって、セットアップ自体は非常に早く、使えるようになるまでは30分くらいしかかかりませんでした。

 ここら辺、元の性能の良さも作業効率UPに帰依しているかもしれません。

 

 さて使えるようになったところで色々試していこうと思うのですが、実は今から仕事です。

 とりあえず通勤バッグの中の AX3 とこれを入れ替えて、持っていこうと思います。

 

より以前の記事一覧

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック