« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月の6件の記事

2020年7月28日 (火)

7月27日 ラーヴァレザーがチート過ぎるんですが

 

 今年の2月末のアップデートで増えた装備の中に、ラーヴァレザーというシリーズがあります。

 

 これはセット効果で三種類に分かれていて、

 

  〇アーマー・マント・ブーツの精錬値毎にSTRが+3されるもの

     → 敵のDef・Mdefを50%無視

  〇ローブ・フード・サンダルの精錬値毎にAGIが+3されるもの

     →スキルディレイ40%カット

  〇スーツ・マフラー・シューズの精錬値毎にDEXが+3されるもの

     →サイズ補正無視

 

 というような括りになっています。

 

 それぞれのラーヴァレザー装備は初期状態ではランダムオプションが付いておらず、守護のエッセンスというアイテムを用いることで、5つのランダムオプションが付きます。

 以下の効果がそれなんですが・・

 

  ① ATK 50から10刻みで100まで 

  ② Matk 50から10刻みで100まで

  ③ Flee か Hit のいずれかを +10から10刻みに50まで

  ④ 攻撃速度 か ディレイ のいずれかを 2% から2刻みに 10% まで

  ⑤ 火・水・土・風 のうちどれか一つの耐性を +15%

 

 という甚だランダム過ぎるものでございます。

 つまり、一番弱いものだと Atk+50 Matk+50 Hit +10(or Flee +10) 攻撃速度+2%(or ディレイー2%)になりますけど、最も強いものだと、Atk+100 Matk+100 Hit +50(or Flee +50) 攻撃速度+10%(or ディレイー10%) とかになるのです。
 

 三か所全部ATK+100だったら、+300とかですね。

 武器2個分くらい増える計算です。

 実にとんでもないですね・・

 

 これに加えて、精錬値で能力値上昇ですからねぇ。

 試しに+6ラーヴァレザーフードの攻撃速度増加+8%を作成してみたんですけど、これまでASPD増分が最高値だったアンドフリームニルのマントとほぼ同等の性能を発揮してました。

 ちなみにこのフード、Flee+50とAtk+80とMatk+100が付いてるので、その部分も加味すれば確実にこちらの方が性能は上です。

 

 ちょうどいい具合に今は精錬祭真っ只中なので、先日の大型オークヒーローの兜の売り上げでもって、ラーヴァレザーを買い漁ろうと思います。

 そしてこれまでの装備の置き換え可能な部分に、あてがっていこうと思います。

 

 精錬祭が終わるころには、びっくりするくらい強化された自キャラ達が生まれるはず。

 いやぁ楽しみですねぇ。

 

 

 

 ・・そのためにも精錬用のポイント稼ぎ頑張らないと。

 倒れない程度に頑張ろう。

  

 

 

 

2020年7月25日 (土)

7月25日 物を売って悲しい気持ちになったのは4度目

 

 大型オークヒーローの兜という頭上段装備があります。

 これに勇者の怒りというエンチャントを施したものは、アサシン系を作ったことのある人ならば、誰しも一度は取得を夢見る装備の一つだと思います。

 

 3年前くらいかな?

 この勇者の怒り付き大型オークヒーローの兜を、露店で安く手に入れる機会がありました。

 

 ちょうどディーヴァ装備が実装されて、欲しい人に行き渡った頃だったと思います。

 売りに出した人は多分良いディーヴァ装備を引き当てて、この兜が不要になったんでしょうね。

 当時の相場からしても、かなり格安で販売されていたのを憶えています。

 

 買った当時は嬉しかったですね。

 これで昔狩場で見かけた、超高速・高火力アサシンが作れると思ったので。

 

 しかしこの兜の運用に際しては、+10まで精錬したオーキッシュアックスとオーキッシュソードを二刀で持つ必要があり、かつそれぞれの武器のスロット、合計8個に特化C、あるいは強化Cを挿すのが前提でした。

 つまりは結構ハードルが高いのに、使い道が限定される可能性が高い装備だったということです。

 私はその事実を購入して運用し始めるまで気づけませんでした。

 

 結局・・普通にディーヴァカタールかチャクラム+暗殺者の手甲のセットを使った方が、お手軽かつ安価で強くなれることが分かり、この兜の運用を諦めました。

 

 思い入れだけは結構あったのですが、私にはそぐわない装備だった・・というわけです。

 

 その後ひっそりと倉庫の中で眠り続ける大型オークヒーローの兜・・なんとなく売る気になれずに、倉庫の肥やしと化していた次第。

 

 

 そんなこの兜ですが、この度ブレイザブリクでお譲りすることになりました。

 相手の方はかつての私と同じような夢を、現在進行形で見ている方のようです。

 

 なんとなく生暖かい気持ちでの取引でしたが、同時に私のような失敗をしないでほしいとも思いました。

 

 ちなみに買った時と売った時のお値段は、約3倍くらいでした。

 金銭的には大儲けでした。

 そこは純粋に嬉しいのですが、・・なんというかちょっと気持ちが晴れません。

 

 勝手な話ですけどね。

 

 この売上はパーっと使うことにします。

 

 

 

2020年7月14日 (火)

7月14日 精錬祭開始

 

 延期になっていた今年の精錬祭が、ようやく本日より開催です。

 

 しかし私のリアルの仕事のスケジュールがちょっとまずくて・・多分最後の方の爆裂日には参加できそうにありません。

 仮になんとか時間を作るにしても、仕事の休憩中に若干手を出す程度になりそうです。

 口惜しや・・

 

 

 とりあえずラーヴァレザー各種を+6か+7辺りまで精錬する形になると思います。

 後は完全回避用のニーヴエンチャント装備を+7までもっていって、名誉の幸運の効果を+3から+5に上げる程度でしょうか。

 

 何とか意中の精錬値まで上げておきたいものですが・・上手くいくといいんだけどなぁ・・

2020年7月 8日 (水)

7月8日 現バージョンがダメなだけのよう

 

 7月6日のPC異変の際にBlueStacksを一時的に使わないことにしたわけですが、冷静になって思い返してみるに、アップデート前は特に問題無かったということを思い出しました。

 幸い一つ古いバージョンのBlueStacksのインストーラーが残っていたので、最新版をアンインストールして入れ替えてみたところ、起こっていた不具合が解消されました。

 どうやら新規要素との相性問題だったようです。

 

 しかしながら一つ前のバージョンでも、ある程度負荷がかかり続けるとグラボが熱暴走するみたいなので、私の使い方に対して根本的にスペックが足りていないのだろうというのも分かっています。

 結局性能が足りていないのが根本原因だろうと思うので、今後もBlueStacksを使い続けようと思うならば、いっそ専用機を作成するか、あるいはandroid入りのPCを作成するかした方がよいのでしょうね。

 その辺を検討してみようと思います。

2020年7月 6日 (月)

7月6日 またメインPCがおかしく・・

 

 6月28日に一度は解決したメインPCが落ちる問題ですが、今日の朝からまた発生し始めました。

 今回の症状は、何もしていないときは安定しているが、BlueStacks を使っている際に別のゲームを起動するとしばらくしてグラボが暴走するというものです。

 まぁこれは単純に負荷の問題でしょうね。

 

 というわけで、とりあえずの対処としてメインPCでBlueStacksを使わないことにしました。

 ただ長い間そのままだと支障が無くもないので、なるべく早いうちの原因を突き止めてなんとかしたいと思います。

 

 

2020年7月 1日 (水)

7月1日 いつの間にか1.16が来てた模様

 

 割と起動しっぱなしのマイクラなのですが、そのせいでアップデートが掛かっていなくて、1.16が来ていたのを見逃してました。

 ・・というか、既に一度更新が来てて、1.16.1だったりしました。

 ちょっとびっくりしましたね。

 

 さてその1.16ですが、ネザーが大幅に変わるとのこと。

 今のところあまり詳しく情報を見ていないのですが、なんでもネザーにバイオームが導入されて、要塞以外に遺跡が設置されるんだとか。

 あとゾンビピッグマンがゾンビピグリンと名を変え、ゾンビになる前のピグリンという生きてる豚人間も配置されるそうで。

 ネザーのみに生える木とか、ダイヤツールにコーティングすることで強化することが出来る鉱石もあるそうで・・

 

 色々と増えてて結構楽しそうですよね。

 

 1.15があまり変化のないアップデートだったので、割とすぐに新規要素を体験しきってしまい、あとは物品の備蓄に走るという感じだったので、今回は要素検証だけでも結構長い時間楽しめそうです。

 

 ・・問題は、自宅からのネザーのアクセスですけどね。

 

 現ワールドの自宅付近からネザーゲートを繋げると、広大な溶岩海のど真ん中に出るんですよ。

 しかも50~70くらいの位置に足場になる場所が無くて、92のところの12×14くらいの小さな浮遊島の上に出るんです。

 1.15でネザー要塞を見つけに行ったときは、300マスに渡って空中に足場を作り、なんとか陸地まで移動しましたが、今回も同じことをしないといけないかもしれませんね。

 しかも新要素を手早く体験・・となると、まだ読み込んでいない方で行くのが効率がいいので、前回とは反対の方向に行くのがよいでしょうから、また足場用の石が大量にいることになりますねぇ・・

 

 現状そこまで大量の石の備蓄がないので、今日のところはとりあえず丸石製造機を作成して、足場の材料確保に勤しむことにいたします。

 

 必要な量が揃うのに1時間くらいはかかると思うので、本格的な攻略は明日以降になりそうです。

 

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック