« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月の17件の記事

2019年11月28日 (木)

11月28日 旧メインPCを壊してしまった・・

 

 数日前の話なんですが、現メインPCに移していない仮想PC用のデータを、旧メインPCから移植しようとしていたのですが、電源入れたあとにBIOS更新画面が出て、その後全く起動しなくなりました。

 多分・・なんですけど、この旧メインPCを最後に使ったとき、別のPC用のマザボのドライバCDをUSBメモリにコピーとったあと、入れっぱなしで忘れていたんだと思うんですよ。

 ・・で、この忘れられていたCD、実はバイオス更新用のデータも含まれていたものだったので、今回の起動の際に全く違う型であるにも関わらず何故か反応してしまって、上書きされたんだと思います。

 結果BIOS不一致で起動しなくなったという状況です。

 

 流石に茫然としております。

 

 早速直し方を調べてみたのですが、どう考えてもコストが合いません。

 旧メインPCに使っているマザーはZ77チップセットのものなのですが、修理に必要な部材を確保すると安くても2万円くらいかかるのに対し、同型のマザーの故障していないものは4000~9000円くらいで流通しているのです。

 マザー用のドライバをインストールし直す手間を考えるなら、マザー自体を同型の別のものに差し替える方が簡単です。

 

 というわけで、とあるネットショップで中古の同型マザーを4000円でポチリ。

 

 届いたら早速差し替えて、電源を入れる・・前にDVDドライブの中をしっかりチェックしてから起動しようと思います。

 

 

 

 ちなみに当初の目的であった、移していない仮想PC用のデータは、旧メインPCのSSDを外して、外付けケースを使ってUSB化し、既に移し終わっていたりしますので、別に起動しなくても全く問題なかったりもしますが・・そこはそれ、これはこれ、ということで。

 

 

2019年11月26日 (火)

11月26日 実は1.14.2です

 

 11月11日から以前のワールドを再構築してプレイ中のマイクラですが、実はプレイしているVerは最新の1.14.4ではなくて1.14.2だったりします。

 

 1.14にアップデートされた際、当初はバグか?と噂されたアップデート内容の一つに、『防具のエンチャントに制限が少なくなった』というのがあります。

 1.13まではダメージ軽減・爆発耐性・飛び道具耐性・火炎耐性は一つの部位に同居できなかったのですが、1.14から1.14.2まではそれが出来てしまっていたのです。

 後に公式から上記は仕様という保証がでたのですが、どうも別の部分にバグを発生させる原因でもあったようで、1.14.3からは1.13までの仕様に戻されてしまったのです。

 今回の再構築に当たり、どうせならこの仕様下で『真の意味でのフルエンチャント防具を作りたい』という思いがあったので、今回はあえてこのVerで始めました。

 

 ところが、実はこの1.14.2というVerは困ったことにバグと改悪の宝庫だったりもします。

 かなり大量にいろいろあるんですが、私に関係ありそうなのは、チャンク読み込みに極端な遅延があるのでエリトラで飛ぶと読み込み範囲を容易く超えて奈落に落ちるハメになったり、村人の挙動がおかしくて、農民が植え付けは行うものの刈り取りはしない、とかですね。

 村人取引にも問題があって、1.14.4だと友好度が高い村人は手持ち商品を若干割引してくれたりしますが、1.14.2の場合だとむしろ値段を釣り上げてきます。

 以上のことから、他Verの倍くらいの農作業や掘削作業が必要になるという状況に陥ります。

 

 ならばと襲撃イベントでエメラルドを稼ごうとすると、今度はヴェックスに殺されるわけでして・・

 なんだろう、割りと八方塞がり。

 

 地道に畑耕すしかないかなぁ・・

 

 何事も一攫千金は難しいな、と感じた今日この頃でした。

 

 

2019年11月25日 (月)

11月24日 何気なく電車の中吊り広告を見たら

 

 通勤途中の電車内、なんとなく中吊り広告を見たら、見知った顔が。

 宮野真守さんでした。

 

 水瀬いのりさんといい、福山潤さんといい、最近何かとTVでも声優さんを見掛けるようになりましたね。

 大抵の場合は声優だと認識されていないと思うんですけど、実際の認知度はどんなもんなんでしょうか?

 

 なお宮野さんの広告、顔はうるさくなかったです。

 普通にイケメン。

 

 こうしてれば良い男だなぁ、などと思いつつ、もうすぐ降りる駅です。

 さて今日も仕事しますか。

2019年11月24日 (日)

11月24日 割と熟年な夫婦の日常:オタク夫婦編

 

 妻の誕生日が迫ってきたので、

 

 Hisaki 『あなたは選択することができます』

 妻 『は?』

 Hisaki 『誕生日のプレゼント、なんらかの宝飾品と現金2万円、どちらがよろしいですか?』

 妻 『現金』

 

 というわけで、彼女の冬コミ行きの軍資金の一部である金銭が供与されることになりました(ぁ

 

 頑張れコミケ戦士!

 応援はしないが、無事は祈ってるぞ!(ぉぃ

2019年11月22日 (金)

11月22日 メインPCのフリーズの理由が

 

 今年の4月に新PCを作成して以来、微妙に不具合に悩んでいたのですが、今日とうとうその駆逐に成功。

 原因はブラウザのChromに使用されている検索エンジンのハードウェアアクセラレーションの設定で、この設定がマイクラやらROなんかのゲームと非常に相性が悪いというのが原因だったみたいです。

 

 どうしてそうなるかは分からないのですが、ROやマイクラプレイ中にChromを立ち上げたりすると、メモリ使用量が爆増してアプリ間の切り替えの際に3秒ちょっとPCがフリーズしてしまうのです。

 ・・で、設定を切ったら治ったというわけです。

 

 なんで気づけたかといえば、状況発生の当初からなんとなくブラウザ起動時にROやマイクラをやり始めると調子が悪くなるのは把握していたので、今日暇があったから13種類くらいのブラウザを総当たりで試してみたらIE系のものは大丈夫で、Chrom系のものはダメだったもんですから、この二つの違いってなんだろう?って設定を見直してみたら気づいたという感じでした。

 検証に2時間くらい使っちゃったんで、今日はゲームできないなぁ・・

 

 でもこれで困ってた症状が出なくなるなら、それはそれでいいかと思いますので、今日は電源落としてこのまま寝ようと思います。

 

 ではおやすみなさい。

 

 

 

 

2019年11月21日 (木)

11月21日 カレーが出来てたんですけれど

 

 夜勤明けで寝て、夕方起きたら、妻が夕飯を作り始めていました。

 

 うちは普段の炊事は私が行っています。

 妻は結構な調理音痴で、レシピを見ずに感覚だけで作ったことのないものを作ろうとしたり、分量を量らずに適当に調味料を入れたりする人なので、正直危ういのです。

 

 今回も最初は止めようとしたのですが、作っていたものがカレーと知り、それならば以前にも問題なく作れていた記憶があったので、そのままお任せすることにしました。

 

 1時間後、出来上がったものを試食してみたのですが、なんか妙に甘い。

 カレーというか、カレー味のスイーツが出来ていました。

 

 ・・どうしてこうなったorz

 

 材料を聞いたところ、ジャガイモ・ベーコン・舞茸・玉ねぎ・かぼちゃ だそうです。

 でも鍋の中にはかぼちゃが影も形もありません。

 本人曰く、一緒に煮ただけ、とのことでしたが・・これは多分完全に煮崩れて溶けちゃってるんだな。

 しかも結構量入れたっぽい。

 

 かくしてこのパンプキンペーストカレー味をカレーライスにするべく、私の奮闘が始まったのでした。

 

 ・・30分後、化学の実験か?と言われそうなくらいの調味料の瓶をしまいつつ、なんとかカレーになった鍋の前で一息つく私。

 多少甘味はあるものの、許容範囲には収まったと思います。

 

 試しに食べた妻の評価は『結構おいしいね。あれがこうなるってすごいねぇ。』でした。

 

 ちなみに今回の敗因は、入れたカボチャが、私がお菓子作り用に凍らせて繊維を崩しておいたものだったこと。

 この状態だと熱を加えるとすぐにペースト状になるので、パンプキンクリームを作るのに便利なのですが、それがカレーに入っちゃったというわけです。

 

 ただ、カボチャペーストからカレーを作ることができるって知ったのはある意味で朗報なのかなぁ。

 まぁ多分二度とやらないでしょうけど。

 

 明日はなんとしても早起きして自分で作ろう。

 そう思い直した出来事でした。 

 

2019年11月18日 (月)

11月18日 いつの間にやら4とかになってた、久々のBuleStacks

 

 ちょっとした思いつきで久しぶりにBuleStacksというandroidエミュレータを使おうとしたのですが、このPCには入ってないというオチが。

 そういえばメインPCを換えてからは、特に用事が無かったのでBuleStacksを使ってなかったのでした。

 それでインストールしようと思って、公式HPを見に行ったら、いつの間にかVerが4になってたわけで。

 私が知ってるのは2の頃だから、結構長いこと使ってなかったんですねぇ・・

 

 それはさておき、今回何故BuleStacksを使おうとしているかといえば、PCでロマサガReユニバースをやろう考えたから。

 電力消費が重いのか、スマホでやってると電力消費が激しくて、頻繁に充電する羽目になるんですよね。

 これでは電池の寿命的によろしくないわけで、せめて家にいる間だけでもPC側でやれれば、多少はマシなのではないかと考えた次第。

 

 ・・で、インストールしてみたのですが、拍子抜けするほどあっさりと、問題など全くなく、ふつーにGoogleアカウントの連携も済んで、割とあっさりとロマサガReユニバース起動。
 エミュレータですからそれなりに遅延とかあるはずなのですが、それをPCの性能が無理やりなんとかしているらしく、スマホでやるよりも相当処理が速いので快適そのもの。

 なんかこっちがメインで、スマホの方は外出時のみにプレイする感じになりそうな予感がします。

 

 

 

 思ったよりもあっさり成功したので、ちょっと考えていたことを試してみようかな?と思って、VmWarePlayer上でBuleStacksを動かしてみたのですが、こちらはVmWareのグラフィック機能が貧弱なせいで、ゲームプレイは出来ない模様。

 BlueStacks2の頃はブレイブフロンティアとかライダバウトとかGジェネはプレイ出来ていたので、多分android4.3くらいまでのアプリは起動可能なのでしょうが、今や7以上の世代ですからものによってはシステム要件が高いものもあるのでしょうね。

 もしVmWare上でBuleStacksが完全に動くのなら、メインPC上で複数のゲームを同時にやることが可能だったので、非常に便利だと思っていただけにちょっと残念です。

 

 ちなみにここまでの話は全てVmWare無償版での話です。

 VmWare有償版は無償版よりも若干グラフィックがマシなので、もうちょっとなんとかなる可能性がありますが・・1万円程度で手に入る i3 辺りを積んだ中古PCでも普通にプレイ可能なんで、変にVmWare有償版とか買うよりはそっちの方が良いとは思います。

 

 なおついでなので、現在使用しているノートPC(Panasonic Let's note AX3 、CPUは i5 4300U )でもBuleStacksを試してみましたが、こちらでもスマホ実機でプレイするよりも快適でした。

 DELLのVenue8(CPU は Atom Z3750 )の場合は、起動自体に問題はないのですが非常にもっさりしていて、ところどころどうしようもないくらい遅くなります。

 試しにメモリを4GB積んだ celeron J1900 (Z3750 とほぼ同等の代物)搭載PCでBuleStacksを起動してみたところ、こちらではVenue8よりも大分マシな挙動だったので、Venue8の場合は2GBしかないメモリが足を引っ張っているんだと思われます。

 なのでタブレットPC、特にメモリが2GBしかないような代物だと、起動はともかくそれ以降は覚束ないでしょう。

 4GB積んでるようなものなら、多少マシな可能性がありますが・・不幸にして試せる環境がないので、誰か試して教えてください(ぉぃ

 

 

 

2019年11月16日 (土)

11月16日 エンチャントが上手くいかない

 

 村の発展を始めてから4日が経ちました。

 時間にすると7時間くらいですね。

 

 防具職人さんが生まれたので、ゴーレムトラップモドキで貯めた鉄と、石工に売りまくった石のおかげで貯まっていたエメラルドを用いて、一気に達人まで成長してもらいました。

 これでダイヤ防具一式GETです。

 ・・正直エンチャントは微妙だったので、砥石で剥がして、エンチャントし直してますが。

 

 まだ修繕持ちの司書さんが誕生していないので、増えた村人のうち農民4人を120マスくらい北の方の村へボートで移送して人数を減らし、さらに新たな子供が生まれる環境にしておきました。

 1.14からは鐘を置きさえすれば、仕事時間が終わった村人が鐘の周囲に集まるという仕様があるので、鐘の周囲に成ってほしい職業用の職業ブロックを設置しておけば、求職中の村人がなんとなく臨んだ職業になっていることが多い上に、目当ての取引品目が無くても、対応している職業ブロックを壊して再設置すれば、取引固定前なら品目を変えられるという仕様もあるので、修繕持ち司書を出すのはこれまでのVerよりも大分容易です。

 巷では司書ガチャなどと若干揶揄されている手法ですが、村人が多くなりすぎてワールドが重くなるのも防げるので、個人的には気に入っています。

 増やしすぎた人口をどこかに捨てるような真似をするよりは、より健全かな?と思うわけですよ

 

 というわけで、しばらくは司書ガチャしながら、空いた時間で防具をエンチャント+金床合成し、装備を整えておきます。

 修繕司書が生まれ、装備がしっかり整ったら、村周辺に罠を設置して襲撃イベントをこなして、鞍と不死のトーテムを量産にかかる予定です。

 

 ・・まぁ今のところ修繕司書が影も形もないので、いつになるやらといったところですけどね(--

 

2019年11月13日 (水)

11月12日 人力ゴーレムトラップ

 

 昨日拠点から真東にある一番近い村を発展させることにしたのですが、おおむねいい感じの村とはいえ、全く問題がないわけでもありません。

 まず村の生成が横長だったのに対して、村の土地自体は山二つに挟まれた縦長の地形だったのです。

 必然的に村の両端は山の上に生成されてしまっていて、14軒ある家のうち両方の山の上に3軒づつの合計6軒が、無人状態で打ち捨てられたような雰囲気になってしまいました。

 不幸中の幸いというか、村の中心に当たる井戸が生成されたのは谷間の方にある村の本体だったので、村人は全員こっちに集まっていました。

 そこで山の上の6軒は全て解体して、同じものを谷間の村本体の空きスペースに再度建て直すして、村自体の空きスペースを埋めると共に、施設の充実を図りました。

 ついでに既にある建物を若干建て増しして内部スペースを倍程度に拡げ、拡げたスペースにベッドを大量に配置しました。

 こうすることで一軒一軒の距離を縮めることができるので、それを利用して ”一見普通の村に見えるけど、実は村人増殖施設+ゴーレムトラップ” という感じにすることができます。

 ちなみにゴーレムトラップについては人力で・・村の端の方に看板を利用して高さ3マスの位置に溶岩を固定してある場所があって、その下にホッパーが敷いてあります。

 そのままだと何も引っかからないのですが、ゴーレムにリードを付けた状態でプレイヤーがこの下を通過すると、2.75マスサイズのゴーレムの頭部分が溶岩で燃やされ、息絶えます。

 ゴーレムを直接攻撃しているわけではないので敵対化しませんから、非常に安全に倒せるわけです。

 そして真下のホッパーが鉄1~5個とポピーを吸い込むという算段です。

 

 このやり方の利点は、割合初期の段階でもリードさえ手に入れられれば簡単に成立するという点ですね。

 1.13まではリードを作成するのにスライムボールが必要だったので、人によっては割と苦労していたと思うのですが、1.14からは放浪商人という二頭のラマをリードで繋いで連れ歩いているNPCが一定時間でプレイヤーの周辺にスポーンするようになっていて、放浪商人が出たらラマを遮蔽物で区切って囲んでやると、10マス離れたところでリードが切れてDropするのです。

 まぁこの放浪商人、村人と違って仮に死んでも一定時間で次の商人がやってきて、また一定時間でいなくなるので、どこぞのアイスソードのように殺して奪い取るとかやってもいいです。

 私はなるべく平穏に行きたいので、柵とかで区切ってリードだけいただいてます。

 ちなみにこの方法でリードを切ると、ラマの主人が商人ではなくなるので、そのまま自分が懐かせて乗っ取ることが可能です。

 シュルカーボックスが手に入るまではラマの積載力は割ると頼りになるので、数匹確保してもいいかもしれませんね。

 

 そんなわけで序盤でもリードは手に入れやすくなっているので、まだ十分な資源を持っていない序盤にはこの方法は割とおすすめなんじゃないかと思います。

 

 なおこのトラップモドキ、普通の村人が普通に歩く分には無害なんですが、ジャンプしたらOUTです。

 なので使わない時には溶岩の下部分に適当なブロックを置いて頭が触れないようにしておいた方がいいですね。

 なんならディスペンサーで溶岩を出し入れしてもいいかもしれませんね。

 

 今日はゴーレムが沸くたびにこの作業をやっていて、それ以外の時は畑の管理をしつつ、農作物をエメラルドに換えるというようなことをやっていました。

 途中で沸いた石工さんが、石を20個でエメラルド1個にしてくれるというので、丸石製造機+自動精錬かまどなんかも作りましたね。

 結構充実した村発展ライフだったと思います。

 

 この調子で行けば、全身ダイヤ防具+全ツールダイヤくらいまでは、6~8時間くらいで行けると思います。

 平行して沈没船の調査も進めて、エンチャント台も作っておけば、割と早期に次のステップに進めそうです。

 

 今日はあと1時間くらい遊んでられるので、このまま村の発展に努めようと思います。 

 

 

 

 

 

2019年11月11日 (月)

11月11日 地形生成がちょっと違うみたい?

 

 再構築した旧MAPで始めた新たなマイクラ生活を満喫中の Hisakiです。

 いやーなんか割と違いすぎてビックリですよ。

 

 多分ワールド生成時のMAP自動生成のルーチンが変わっているせいもあるんでしょうが、前の時と比べると不自然に切り立った崖とかが減ってて、多少なりとも普通な感じになってるように思えます。

 概ねは記憶にある通りの地形なんですけども・・例えば、初期リスポーン地点の北側が小さめの砂漠ですぐ見えるところにピラミッドがあるところまでは一緒なんですけど、その手前の草原と砂漠の切れ目のところに、前の時には無かった溶岩湖があるんですよね。

 前の時にこの場所は整地して拠点の庭の一部になってたんですけど、その時は溶岩なんかなかったんですよ。

 

 他にもあって、初期リスポーン地点の真東にある村の真下には結構複雑で大き目の洞窟があったのですが、今回は半分くらいのサイズになってて、前に繋がってたところに壁があって通れず、といったような感じです。

 

 ただ村の位置とかスポナーの位置とか沈没船等の構造物の位置は一緒みたいで、初期リスポーン地点から30歩ほどの場所の地下10マスくらいのところに埋まってたスケルトンスポナーは健在でしたし、一番近い沈没船から出た宝の地図に書いてあった海の財宝の場所も全く一緒の座標にありました。

 このことから洞窟や峡谷については、地形生成ルーチン変更の影響を受けて、ある程度規模の増減があるようですが、元々の構造物の位置は変わらないということなのではないかと考えています。

 ・・となると、前の時に初期リスポーン地点の地下にあった巨大洞窟や三本の峡谷は、もっと細分化された状態になっている可能性がありますね。

 ただ今回のプレイでは、以前のように全部を巡るつもりがないので、ほったらかしになると思いますが。

 

 どうしても必要になれば地下を掘りに行きますが、それ以外は普通に地上で暮らせるのが1.14の世界ということなのでしょう。

 ・・ただずっと地上にいるとあいつらがなぁ。

 

 まだまだ装備も整っていないから、ピレジャーたちは結構脅威なんですよね。

 

 やつらに対抗するためには、武具にそれなりのエンチャントが付いてないときついので、エンチャント台を早急に作るために、黒曜石を掘れるようにダイヤツルハシを手に入れないと。

 そうなると道具職人を達人まで育てないと行けませんし、その取引のためのエメラルドをそれなりの数確保しないといけないので、明日からしばらくは村を発展させつつ、人を増やして色々な職業ブロックを作っていかないといけません。

 幸い初期リスポーン地点から真東にある村が地形的にも距離的にもいい感じのところにあるので、この村を囲い込んで発展させてみようと思います。

 

 

 

11月10日 再構築した以前のワールドは

 

 なんだろう、なんか相当違う。

 

 昨日の仕事前に以前のワールドを再構築して1.14.2で始めたのですが、初期リスポーン地点付近から近い二つの村が様変わりしていて戸惑っています。

 

 一つ目は南西に行ったところにあった廃村なんですが、今回は廃村じゃなくてちゃんと村人がいる普通の村でした。

 しかしながら当然1.14仕様の村なので、建物の大半が見慣れない建築様式でした。

 しかも沸き潰しをしなくてもある程度明るいし、そこら中の家にベッドが完備されているので、夜をスキップするのが容易でした。

 これまで自分の中で常識であった、『まず最初にベッド作成するために、羊を殺すか、鋏を手に入れるか』というのが無くなったと思っていいです。

 さらに村の中に製図家の家があって、そこのチェストに地図と紙が入っていました。

 ・・序盤地図無しが普通だったのに、今は違うんだ。

 

 

 そんな感じでこれまでの序盤のルーチンワーク、『何はともあれ木を切ってツルハシ作り、鉄とレッドストーンのためにひたすらブランチマイニング』という方程式が崩れました。

 この感じで村に物資が豊富になったのなら、ワールド作成初期は村探しをするほうが色々と都合が良いのだと思います。

 

 幸いこのワールドは以前やってたものを1.14仕様で再構築し直しただけなので、村の位置は変わらないはず。

 これから略・・いやいや、ご挨拶の旅にでれば、きっと色々潤うこと間違いなし。

 

 早速次の村目指してれっつごー、でs

 

 

2019年11月 9日 (土)

11月9日 結局最初のが最も神ワールドだったらしい

 

 昨日の日記のあと、ワールド作成ガチャをやっていたのですが、最初の10回くらいは

  〇孤島

  〇高山地帯の谷間の2マスだけしかないところ

  〇山でぶった切られた村の中、上と下の高低差が20マスくらい、

   7分ほどのプレイ時間中に村人が4回落下死

  〇砂漠のど真ん中、周囲18チャンク四方には砂といくつかの洞窟のみ

  〇孤島

  〇孤島

  〇孤島

  〇ダークオークの森、周辺12チャンクは全部ダークオークの森、

   建造物一切無し

  〇きのこ島、ただし半分くらいが氷山バイオームらしく、

   途中から土と凍り、もちろん敵が沸く

  〇孤島

 

 ・・というような感じで、遺憾なく不運を発揮していました。

 

 ここら辺までで2時間くらいかかってまして、流石に心が折れかかっていたので一旦止め、気分を変えようと寝ることに。

 

 改めて今朝起きてから作成したら

 

  〇スポーン地点真横が溶岩池、

   死亡時のスポーンは初期スポーン地点の”周辺”なので、

   復活時に落ちる可能性あり。

 というようなワールドを引いたところで、流石に心が折れました。

 

 ここまで行くとむしろ運が良いのかもしれないと思いつつ、どうしたものかと思案した結果、昨日封印したワールドを再構築して新規で始めればいいんじゃないか?と思い当たり、実行することにしました。

 そういえばあのワールドを作成したときはまだ1.13だったから、探検済みのエリアの村は全部1.13仕様で、1.14からのアップデートされた村はまだ見たことがないんですよ。

 ある程度知り尽くしているとはいえ、多分結構違う感じになってるはずだから、これはこれで良いのではないかと思います。

 

 ”強くてNewGame”的な感じでしょうかね?

 プレイヤーの知識以外は何も引き継がれていないんですけどもね。

 

 新しい村を見るのが楽しみです。

 なんかワクワクしてきました。

 

 では早速再構築しに行ってきます。

  

  

  

 

2019年11月 8日 (金)

11月8日 ワールドの肥大化が酷いらしく

 

 マイクラの一年遊んできたワールドに寿命が来ているような気がします。

 最近妙にクラッシュするんですよね。

 

 私はマイクラに関してはプレーン派といいますか、ガラスの透明度を上げたリソースパックやOptifineのような動作環境改善のMODは使うものの、CutAllとかの要素そのものを全く変えてしまうようなMODは好みではありません。

 基本はバニラです。

 なのでMOD競合とかの不具合は全くないはずなのですが、それでも最近は日に一回くらいクラッシュします。

 

 多分ワールドを広げすぎたのと、拠点付近の大量のエンティティのせいなんでしょうね。

 多分スポーンチャンクに50人以上の村人が居て、かつ1000匹近い熱帯魚と、それぞれ20くらいづつ居る牛・豚・羊・鶏。

 ツール修理用の常時稼働経験値蓄積用かまどとか、コンブ自動収穫→自動焼き上げ装置とか、そういったもののせいなんだと思います。

 

 ・・そう思ったので、経験値蓄積用かまどを全て止めてみたのですが軽くならず、コンブ自動収穫機のピストンが悪いのか?とそちらも全部止めてみたのに軽くならず。

 ゴーレムトラップや天空トラップも全基止めてみたのですが、やはりしばらくするとクラッシュするという・・

 

 この際とことん検証しようと思い、段階的に自宅付近一帯の施設をfillコマンドで消していったところ、更地(文字通り全部消しました)にしてみたらようやくクラッシュ頻発は収まったのですが、頻度が収まっただけでやはりクラッシュ自体はするんですよね。

 しかもここまで消したのに、ワールドサイズが3.8GBもあるという。

 消す前は3.98GBだったので、ちょっとしか減ってないわけですよ。

 

 ただ容量自体が若干しか減っていないとはいえ、原因の大半は自宅拠点付近にあったのだろうとは思います。

 施設消去前と後のクラッシュの頻度がそれを物語ってますね。

 容量が肥大化しているのは、調子に乗って最大拡張地図47枚分も移動しまくったせいでしょうから、結局大元の原因は手の広げすぎにあったのだろうと思います。

 ワールド全体でなら村人が3000人くらいいるはずなので、こういうのも重くなってる要因なんだと思います。

 

 というわけで、打開策が見つかるまではこのワールドは封印(バックアップ取って放置)しようと思います。

 一年くらいやり続けたワールドですので名残惜しいですが、何事にも終わりはあるものですからね。

 

 ・・とはいえ、マイクラ自体をやめるわけではありません。

 

 この後新たなワールド作成ガチャ的なものを行って、好みのワールドを探そうと思います。

 

 

 

 

 

2019年11月 7日 (木)

11月6日 久々の ”TecLast X80 Pro” の記事

 2017年に購入した ”TecLast X80 Pro” ですが、昨日ROをやるのに使っていて、たまたま気付いたことを一つ。 

 コレのモニター、55MHz駆動だったんですね。

 道理でROをやってるとき、光のエフェクトがカクカクするわけですよ。

 

 ずっと内蔵の無線LANが遅いせいで、転送速度が遅いからカクカクしているんだと思ってたんですが、試しに外部出力を利用して60MHz駆動のモニターに映し出してみたら、カクカクしないんですよね。

 そっかぁ・・こっちが真の原因だったか。

 

 2年も使ってて今頃気づく愚かさですね。

 勉強になりました。

 

 次に何かを買うときは、モニターの応答速度もしっかり見るようにします。

 

 

 

 

 

 

 

2019年11月 5日 (火)

11月5日 なんかさみしい

 

 なんかさっき気づいたんですが、マンドラゴラの鉢植えってワ-ルド倉庫経由で移動できるみたいなんですよ。

 Olrun鯖で貯め込んだ分をUrdrに持ってくれば、行き詰ってるクエストをクリアできるっ!

 

 と意気込んでOlrunの倉庫を見に行ったら、在庫4つでした。

 

 

 ・・まぁこっちなら秒殺できるキャラが豊富だから、こっちで集めてもっていこう。

 

 

 

2019年11月 4日 (月)

11月3日 木しかない

 

 ROのUrdr鯖イベントですが、順調に行き詰ってます。

 マンドラゴラの鉢植え、中々でないですねぇ・・

 120個必要なところに、現在94個です。

 頑張らねば。

 

 

 さて今回はマイクラの方の話。

 

 骨粉集めにもある程度目途が立ち、しばらくは貯蓄した分で十分にやっていけそうな量を貯め込んだので、ちょっと地図拡張の旅に出てみることに。

 つい最近YouTubeで見たアップデート関係の紹介動画で、1.13アップデートの時に増えた熱帯魚が4桁くらい種類がいることを知り、またその色合いの美しさに魅せられ、『うちの拠点の池にもアレを放してみたい』と思ったのが切っ掛けです。

 下調べをした結果、珊瑚のある海=暖かい海バイオームを探さなければならないと知ったのですが、拠点の近所にあるのは普通の海と深海と寒い海。

 タラとマスはいても、ツノダシなんかは全く存在しません。

 確か前に森の洋館探しに行ったときに、途中で通ったジャングルの傍に珊瑚が見えてたような気がしたのですが、もう一度記憶の通りに行ってみたのですが見つかりません。

 何かと記憶が混ざっていたようですね。

 

 かくなる上はまだ行ってないところを開拓するしかないと、これまでに作った地図を全部床に拡げて、どの方角に行こうか考えていましたところ、最大拡張地図で拠点の右下にあたる辺りがほぼ手付かずだったことに気づきました。

 この辺りはマイクラを始めて割と初期の頃に道に迷った辺りで、当時は徒歩での移動が主でしたので、行ける距離にも限界があって、最大拡張地図二枚分を調査するのが精いっぱいだったというのも、途中で調査を諦める要因でした。

 ちなみに白樺の森とダークオークの森とタイガが交互に4回くらい存在する、ひたすら木しかない場所で、景観的にもいまいち面白い場所ではなかったと記憶しています。

 

 でも今はエリトラと花火がありますからね。

 上空を飛んでいけば森の切れ目まであっという間ですね。

 

 

 

 ・・と思った時期もありました(ぉ

 

 いや本当にあっという間に森の切れ目まで行けると思ったんですが、なんかこの森、最大拡張地図1枚分くらいあったみたいで、途中で木の種類こそ変わるものの、森であることに違いはなく、結局木だらけのMAPだったんです。

 ようやく森を抜けたのはMAPの8割くらい下ったところで、少しだけ平原があり、そこに村が一個ありましたが、すぐに川で区切られてまた森になっていたという・・

 この段階で気力が尽きて、見つけた村の中にネザーゲートを設置して帰宅することに。

 最大拡張地図2枚分程度の距離なので、ネザー経由だと近いはずと思いつつの行動でしたが、こちらは期待通りネザー拠点が遠くに見えるくらいの近距離でした。

 ・・まぁ陸地が繋がっていなかったので、オーバーワールドに戻って丸石と土採取してきて、橋作らないと辿り着けませんでしたけどね。

 

 なんか散々な目にあったような気がしますが、ずっと木だらけというのは逆に考えれば木材資源には全く困らないということなので、伐採しまくっても良いということでもありますね。

 有限ではあるけど、無限に近い燃料を見つけた。

 今回はそういうことにしておきます。

 

2019年11月 1日 (金)

11月1日 どうやら条件が違うらしい

 

 Urdr鯖の新キャラ作成イベントですが、MDと納入とクエストを1つづつクリアしたら一つ上のクラスに行けましたので、無理に討伐で頑張る必要はなさそうです。

 というわけで上級2まで来たわけですが、流石にここまで来るとMDだとBOSS討伐が条件となってきていて、納入だと割と集めるのが大変なものが60個とかになっていましたので、上級1同様結構苦労しそうな感じです。

 ・・いや苦労しそうというか、ここいらで頭打ちとなるかもしれませんね。

 同じようなステータスで装備品は遥かに良いメイン鯖にいるメカニックで、ゲフェン魔法大会のフェンリルに勝てたことないもんなぁ。

 当然装備品で劣るこちらのキャラでは勝てるわけもないわけでして。

 

 イグニアム=セニア100体討伐はまだなんとかなりそうなので、残りはマンドラ納入と七王家クエでなんとかしてみましょう。

 

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック