« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月の4件の記事

2019年5月28日 (火)

5月28日 エリトラだと怖い

 

 1.14になってからというもの、チャンクの読み込みが遅くなったようでして、エリトラで空飛んで高速移動を行うと、ところどころで読み込みが間に合わなくて、気が付けば地面に激突して死んでいることがあります。

 

 決してPCの性能不足というわけではないです。

 設定の大半が画質優先なのにFPSが200以上出てますからね。

 うちの場合むしろ性能過剰な部分の方が大きいでしょう。

  

 それでもこんな状態ってことは、多分根本的にマイクラ自体が遅く、重くなっているんでしょう。

 

 一度読み込んだ場所ならキャッシュが効いてマシな挙動を見せるかと思ったのですが、そんなこともありませんでした。

 

 どうもこの一件については、修正パッチが用意される予定があるらしいので、それまで安全のためエリトラ飛行は封印しといた方が良さそうです。

 

 しばらくは遠出は控えて、拠点付近の拡充に勤しむことといたしましょう。 

 

 

 

2019年5月20日 (月)

5月20日 キノコを外壁に

 

 以前とあるマイクラ動画を見ていた時にちょっと感銘を受けたものに、『大きいキノコを作って、中の軸を取り除き、傘の下部分を塞いでドアを付け、家にする』というものがありました。

 これ上手く作ると、スーパーマリオの世界に出てくるような感じの、かわいい感じのキノコハウスが作成できるんですよね。

 機会があれば是非やってみようと考えていたのですが、実際に作成してみると床面積が非常に狭いために、家としては不適当でした。

 

 とはいえ、なんかもう夢の家に近い感じで妄想が膨れ上がっていたので、なんかムキになって納得いくまで延々改良を繰り替えていった結果、『大きいキノコを改良して家に仕上げるよりは、大きいキノコの構成ブロックを素材として、それっぽい家を作る』方が、らしいものが作成できるという結論に達しました。

 

 本末転倒とはこのことです。

 

 

 ・・取り合えずは完成形までは辿り着けたので、このキノコハウスを3つくらい人工村に建てておこうと思います。

 

 

 

 

 

2019年5月 5日 (日)

5月4日 襲撃者対策後

 

 襲撃者対策が終わったので報告です。

 

 まず最初にこれまで見つけた村の中から、私が今後も立ち寄る可能性がある近場の村5つから、ベッドを一つ残らず撤去してきました。

 町判定にならなくなってしまったのでゴーレムが沸かなくなりましたが、どの村も塀・柵で村を囲む、光源による完全な沸き潰しを実現してきましたので、それほど問題にはならないはずです。

 ゾンビ襲撃イベントという懸念材料もあるにはあるのですが、あれは村人が20人以上いないと発生しないようなので、人口調整を行って、各村の人口を18人以下に抑えるようにしてあります。

 ここまでの作業で30時間以上かかっているのですが・・まぁ仕方がないですね。

 全滅させられるよりはマシです。

 

 人口調整により元の村から移動させた村人は、今のところは自宅拠点敷地内に建てたビニールハウス様の農場と、図書館モドキに分かれて暮らしてもらっています。

 いずれ拠点前に作っている人工村を拡張して、この人達の住む場所を作りたいと思っていますが、正直に言えば新規で建物を建てるのが面倒ということもありまして、気が向くまでは彼らはこのままかな。

 

 まぁ・・私の中でマイクラの村人は、『人』というよりも『なんかそういう生き物』なので、彼らに何らかの不満を表現するパッチでもあたらない限りは以降もこんな扱いかもしれません。

 なるべく早急に何とかしたいとは思いますが、豆腐ばかりの村は避けたいですからね・・少々考えるとします。

2019年5月 1日 (水)

5月1日 絶賛GW進行中です

 

 他人様がお休みの時が私の仕事の本番です。

 サービス業の悲しい性ですな。

 

 

 ・・というわけで、現在職場です。

 一応お昼休憩中。

 

 幸いにして以前の職場ほどには忙しくないので、こうやってゆっくり昼ご飯をいただく時間があります。

 4年くらい前はそれはそれは酷いもので、朝アルフォートを一枚食べたのち、次の食事が22時頃自宅で、というような有様でした、

 その職場との派遣契約が満期を向かえた隙に、会社ごと辞めてやったわけですが、あの時の選択は間違いではなかったと思います。

 

 ただ、忙しくなくなったせいで、色々と抜け落ちていくものも増えてまいりました。

 地味に少しづつ能力が落ちていっているのを感じております。

 

 まぁ、本来は私の部署と職業では必要ないものが多かったので、それが出来なくなったとて然程問題にはなりませんし、むしろ今の形の方が正しいのだとも思います。

 そして本来それをやるべきであった方々が、苦労しつつ時々手助けが欲しそうにこちらをチラ見するのを背中に感じつつ、今日も少しづつ退化していく。

 そんな燃えつきた人っぽい今日この頃でございます。

 

 いずれ精神的に回復すれば、また手伝ってあげられるようになるかもしれないけど、今は勘弁です。

 しばらくはゆっくり腐っていくことを楽しむといたします。

 

 

 

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック