« 3月14日 街も作りたくなったので・・ | トップページ | 3月16日 十分でした »

2019年3月15日 (金)

3月15日 ガーディアントラップに着手

 

 前回書いた通りに、海底神殿の中央部のみをガーディアントラップ化する工事を開始。

 

 中央部9×9に高さ40の位置から66まで外壁を建てまして、そこの一番上の層に水源を設置。

 次いで、一番下まで潜ってコンブを植えて、全部を水源化。

 高さ40の層は全て掘り返して、ソウルサンドに変更。

 

 こうすることで、8×8の上昇水流が発生するちょっと深めのプールが出来上がります。

 そして67から70までの層は右端に集めるための水流を作っておきます。

 66までのプール内に沸いたガーディアンは67で水流に触れると流されて一か所に集まるという方式ですね。

 

 あとはソウルサンドを用いた上昇水流エレベータと氷を用いた水路を使って、高速で沸き層からガーディアンを離してやると、プール内に再現無くガーディアンが沸き続けるようになります。

 

 経験値トラップとアイテムのみのトラップに切り替えて使いたいので、処理層にはちょっとした仕掛けを。

 

 まず落下してもぎりぎり生きていられるように41の層に下付き半ブロックで足場を作成。

 その下にはホッパーを付けてアイテム回収層も兼ねるようにします。

 回収層になっている部分の四方をブロックで囲み、そのまま上に伸ばしていきまして、沸き層から繋がっている移送用の氷の足場まで繋いだら、その接合部の隣にディスペンサーを設置。

 ディスペンサーの中には溶岩バケツを1個設置しておいて、ボタンも設置しておきます。

 あとは溶岩が下や横に流れないように看板を複数設置しておきます。 

 こうすることで、ディスペンサーにスイッチが入ると溶岩を出力するようになるので、ここを通ったガーディアンは体に火が付いた状態で落ちていき、アイテム回収層まで行くまでに延焼ダメージを受けるので、アイテム回収層まで行くと死亡するようになります。

 ついでにDropの生魚は焼き魚になる寸法です(笑)

 

 スイッチが切れて溶岩が出ていない状態だと、ギリギリ落下死しないので、アイテム回収層に瀕死状態のガーディアンが溜まります。

 あとは剣で適当に範囲攻撃をすれば、溜まった分の経験値が手に入るという感じになります。

 

 これで出来上がりになりますが、一般的な海底神殿全面を使用した落下式トラップと比べると、沸き層が10分の1以下になるので、ちょっと効率が心配です。

 トラップ作成中に見ていた感じ、秒間1匹くらいは沸いてくるみたいなので、6分くらいでシーランタン64個くらい行くはずでsが、実際はどんなもんなんでしょうね?

 

 今日はもう時間がないので、明日にでも計測してみることにいたしましょう。

 

 

« 3月14日 街も作りたくなったので・・ | トップページ | 3月16日 十分でした »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月14日 街も作りたくなったので・・ | トップページ | 3月16日 十分でした »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック