« 1月25日 スタートしたら目の前にゴールテープが引いてあった話 | トップページ | 1月28日 そこは奈落の上 »

2019年1月26日 (土)

1月26日 焼け死ぬところだった・・

 

 さて本日最初の作業は、エンド攻略のための仮拠点作りからです。

 とはいっても、そんなに長く使う予定もないですし、シュルカーボックスをある程度の数作ったのちは、全く来なくなる場所になるでしょうから、凝った家を建てるよりも、ちょっとした小屋を建て、その中にネザーゲートを利用した自宅からの短縮路を作っておくのが正解に思えます。

 というわけで、前回エンドポータルから直上掘りしてきた穴の真上に仮拠点兼ネザーゲード置き場の小屋を建てることにしました。

 まずは真横の森から松を切り出してきて、石レンガと組み合わせてそこそこのサイズの小屋を作り、その内部にネザーゲートを設置。

 ゲートをくぐってネザーへ行き、そこから自宅地下から入った時に生成されたネザーゲートを探しました。

 

 取り合えず方角だけ合わせて適当に進んでいたんですが、途中で溶岩の海しかない場所に出てしまいました。

 見た感じ、結構遠くまで行くと陸地があるようなんですが、少なくとも半径100マスくらいは全部溶岩です。

 そしてその溶岩海の真上は何もない空洞で、多分100マス以上登ったところにようやく天井っぽいものが見えている感じです。

 

 いわゆる八方塞がりというやつです。

 

 仕方がないので、溶岩海の上に石レンガで橋を架けることにしましたが、こんな時に限ってガストが出まくるようで、途中二度溶岩海に落とされ、危うく死ぬ間際まで行きました。

 幸い身に着けていたダイヤ防具に火耐性Ⅳが2か所ついていたので、以外と長い時間生存が可能となっていて、エンダーパール連続投射でなんとか向こう岸に辿り着けたという状況でした。

 流石に怖かったので、そのまま自宅へ逃げ帰り、火耐性のポーションを大量に作ってきて切れる度に飲むようにしたのですが、そういう時に限って今度はガストが全くでないという・・まぁそういうもんなのかもしれませんが、なんかちょっと悲しい。

 

 そんな感じでそれなりのトラブルに見舞われたものの、1時間もすると溶岩上にしっかりとした橋がかかり、その上に敷いたレールで高速移動が可能となりました。

 

 なりましたが・・思ったよりも溶岩海の横断に時間を掛けてしまったため、本来はこの後エンドに入る予定だったのですが、時間が無くなってしまいました。

 

 というわけで、またしてもエンド行きは延期に。

 明日こそはなんとか・・頑張ろう。

 

 

 

« 1月25日 スタートしたら目の前にゴールテープが引いてあった話 | トップページ | 1月28日 そこは奈落の上 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月25日 スタートしたら目の前にゴールテープが引いてあった話 | トップページ | 1月28日 そこは奈落の上 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック