« 11月17日 10月8日から10月12日頃の出来事です | トップページ | 11月22日 10月21日未明の日記です »

2018年11月19日 (月)

11月18日 10月13日から10月20日くらいの出来事です。

  とうとう生きた人間のいる村を見つけました。

 
 
 10月13日になって、これまで木材調達のために行っていた、拠点から右に行ったところの川を越えた辺りのサバンナの探索を開始しました。

 こちら側は40m四方くらいの狭い平地にまばらにアカシアとマツが生えているのですが、その先には100mくらいの高さの土と石でできた山があるので、落下死が怖くてまだあまり探索をしていませんでした。

 ちょうどこの山が地図の切れ目でもあったので、まだまだ物資が少なくて、二枚目の白紙の地図を作れていない現状だと、ちょっとばかり敷居が高かったのも、探索を放置していた理由でした。
 しかし13日に入ってすぐに行っていたブランチマイニングの結果、白紙の地図材料が揃ったため、探索に踏み切ることにしたのです。

 さぁ山の向こうには何があるんでしょうか。
 わくわくしますよね。

 
 ここで少し悩みました。
 
 山を迂回して周辺を探りつつ反対側まで行くか、それとも直線的に登山を行い、山の頂きから下方を確認するか・・
 しばし黙考の末、この時は落下死が怖くなって周辺探索+迂回という形に落ち着きました。
 (・・実はその後頂上に行くのを忘れていて、後に妙な事態が発生するのですが、それはまた別の話。)


 左右どちらに迂回しようか迷ったのですが、現在把握している地形データは左方向の方が多いので、データ集め優先ということで右方向に行ってみることにしました。
 
 ぐるーっと回ってみると、途中から砂漠になっていて、待望のサトウキビを発見することが出来、ロバや白樺の森なんかも発見し、テンション上げつつ適当に歩き回っていると、ちょうど山を挟んで拠点の反対側くらいのところに前回とよく似た、アカシア主体の家の塊を発見。

 どうやらまた村があるようです。

 ・・が、前回のゾンビ村の件がありましたので、この時の私は必要以上に警戒しつつ、近づいていくのでした。

 
 結局は杞憂で、普通に村人が複数いる村でした。
 しかも肉屋さんこそ二人いたものの、それ以外は全員が職業が被っていないという幸運っぷり。
 これは取引がはかどりそうです。
 
 しかしこの時気づいてはいませんでしたが、確実に不幸が近寄ってきていたのです。

« 11月17日 10月8日から10月12日頃の出来事です | トップページ | 11月22日 10月21日未明の日記です »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月18日 10月13日から10月20日くらいの出来事です。:

« 11月17日 10月8日から10月12日頃の出来事です | トップページ | 11月22日 10月21日未明の日記です »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック