« 8月25日 出来上がった | トップページ | 8月28日 Atom330+ION で MHF »

2010年8月27日 (金)

8月27日 1.9GHzが壁

 先日組み上げた Atom330+ION のPCですが、その後延々と調整とテストを繰り返しています。


 ・・・まぁ、テストとは言っても、ROの重そうなMAPに狩りに行ってみてるだけですけどね。
 


 ROでテストを開始して最初に気づいたのは、特定のMAPで極端にマウスポインタがぶれるという点。
 ROのウインドウ内以外ではこの現象が起きないので、RO内でのポインタ描画の問題という事になります。

 実はコレを解消するにはPC性能自体を上げるというのが最も有効な手段。
 逆を言えばこの現象が起きるということは、それは性能が足りていないということでもあるのです。

 ・・・で、それを解消するために行ったことは、Atom330のオーバークロック。

 幾つかの使用レポートを読む限り、10Wくらいの電力消費UPを我慢できるなら、限界FSBである667Mhzまでのクロックアップは可能であるようです。
 1クロック当たりが倍率3倍のようですから、667×3で2.1GHzになるはずです。
 そこまで行けばかなり期待出来そうですよねぇ・・・
 

 ・・・ところがうちのAtom330君はどう頑張ってもFSB633の1.9GHzが限界のようでした。


 適性とかもあるんでしょうが、おそらくは電源が専用アダプタで60Wしかないというのが原因なのでしょう。
 つまりは1.9GHz以上になると電力が足らずに動作不良を起こす・・・という事です。
 実際起動後すぐに落ちたり、ROを起動しようとすると再起動になったりして、2.1GHzのままでは、PC自体がまともに使えなかったのですから。


 なので本来であれば CPUを2.1GHzに、IONの方をクロック500MHzのメモリ1300MHzくらいにオーバークロックしたかったんですが、IONの方はノーマルのまま使う事にしました。

 その後の実験でマウスカーソルの不具合は消えたようでしたので、取り敢えずはここで妥協してもいいかなぁと思います・・・ちょっと惜しい気もしますけどね?


 ちなみに1.9GHz状態・CPU負荷100%で30分ほど放置してみた場合のCPU温度ですが、SpeedFan調べでは46~50度の間でした。
 1.9GHz・RO起動・ほかは何も無し といった状態では36前後を常にキープするので、温度はそんなに気にしなくてよさそうです。

 というわけで、1.9GHz状態が最も良い状態として常用できそうなので、しばらくこのままやってみることにしようと思います。


 

 
  
 
 

« 8月25日 出来上がった | トップページ | 8月28日 Atom330+ION で MHF »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73744/49307916

この記事へのトラックバック一覧です: 8月27日 1.9GHzが壁:

« 8月25日 出来上がった | トップページ | 8月28日 Atom330+ION で MHF »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック