« 7月1日 骨折の影響は案外大きい | トップページ | 7月3日 今回の準備は一つだけ »

2006年7月 2日 (日)

7月2日 CoreDuo機のその後

6/26に作成したCoreDuo搭載PCですが
最初の印象と少し違う趣になりつつあります。

Web・雑誌等の情報を見る限りだと
もう少し低い温度で稼動するように思えて
いたのですけど、実際のところは
同じ程度の性能のPentium4やPentiumDより
10度前後低いだけという結果に収まっています。

・・・まぁでも、ベンチマークの最大負荷状態で
50度を超えないってのは大したもんです。
行ってても48度くらいで納まってしまいます。
これが同じレベルのPentiumDだと
60度~65度くらいになりますからね。

ROを2時間プレイしたときも、
43~47度の範囲で納まっていました。
PentiumDだと大抵は53~57度くらいになるので
やはり10度前後低い結果となります。

上記のいずれも、室温が28度くらいの
状態での計測でしたので、室温が下がれば
もっと違いが出てくるのかもしれません。


まだまだ冷却対策に甘い所があるので、
今後はもう少しその辺を詰めてみることにします。

« 7月1日 骨折の影響は案外大きい | トップページ | 7月3日 今回の準備は一つだけ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73744/10755862

この記事へのトラックバック一覧です: 7月2日 CoreDuo機のその後:

« 7月1日 骨折の影響は案外大きい | トップページ | 7月3日 今回の準備は一つだけ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック